スポンサーリンク

自分の人生の主役でないと感じたら「人生を判断する力を取り戻そう」

自分の毎日を過ごしていて、何か思う通りでない。
誰かに人生を左右されている。
主導権が自分にない。

会社勤めであっても、独立している人であっても、学生であっても、
何かしらの何かうまくいかないと感じることが続く。

転職したり、独立したり、何かしらの変化をきっかけにしたいと感じる状態。

何かしらを変えてもいいのですが、その初期状態なら、
「自分で判断する力を取り戻す」ことで毎日を大きく整えることができます。

列車

*決まった電車に乗るがごとく

スポンサーリンク

自分の人生は自分で判断していい

会社に勤めれば、上司に判断を仰がなければならないことも。
取引先の評価を待たないといけないことも。

しかし、全ての根源はあなたの判断です。

表層の事実のコントロールはできないかもしれません。
でも、自分の気持ちやらどこへ向かうやらは、
自分で判断していいことです。

長く組織にいたり、頭を使うことを控えなければならなかったりすると
自分で考える力が弱ってきます。
誰かが言ったことが、考えるまでもなく自分の意見になります。

そういうときは思い返してみてください。
自分の人生は自分で判断していいと。

至極当然で、そのままやっている人はその通りなのですが、
やれていない人は、ふと思い返すまで誰かに従属します。

対策は、「自分の人生を自分で判断していい」と
認識し直すことです。

□サービスメニュー
個別コンサルティング
・履歴書・職務経歴書コンサル(検討中)
・大学院志望理由書・研究計画書コンサル(検討中)

 

自分の感情は自分でコントロールしていい

人生のコントロールと同様に、自分の感情は自分でコントロールしていいです。
誰かに何かを言われたり、何かラッキーでないことがあっても、
自分の感情は誰かに左右されるのではなく、自分で決めることができます。

もし、あなたが不機嫌なら、なぜ不機嫌か考えてください。

誰かのせいにしていませんか?
自分でやろうと思えば、すぐに自分の感情を戻せませんか?

誰かに責任転嫁をして、「XXがあったから感情が鈍い」と
すましていませんでしょうか。

感情をコントロールするまでは、案外と難しいですが、
上手に納得すればコントロールできます。

自分の人生の主導権は自分が持っていい

組織にいたり、個人間の関係性で、自分の人生の主導権は自分にないように感じることがあるやもしれません。

その時は認識し直しましょう。
「自分の人生の主導権は自分が持っている」ということを。

「誰かに言い訳をしても、状況が改善しない」ことを。

どこかに所属していてもそうでなくても、主導権を持ち直せます。
認識をすることで、その在り様を存在させることができます。

コントロールするとしっかり決めれば、感情をコントロールできます。
上手にいった結果としてコントロールできるのではないのです。
自分の感情をコントロールするとしっかり決めることで、うまくいくのです。

不意に忘れることかもしれません。
忘れたときには、少しばかり思い出して
上手に自分の感情をコントロールして、
人生の主役に戻りましょうね。

【編集後記】
珍しくパブへ。
外国の方揚々と飲んでました。

【運動記録】
ジョギングX ストレッチO 筋トレO サプリO

【昨日のはじめて】
ローストチキンと半熟たまご サンドウィッチ

【昨日の子育日記】
少し早めから眠くなったようです。
絵本を読みきかせながら寝かせます。

まだ、目を開けないように。
寝入るのを待つように。。
寝たふりもしながら。。

そうっとそうっと。

気づいたら朝方ですね。