災害が起きたときの対応はどこの企業も
悩みどころです。

業務としてどこまでをカバーしておくべきか、
他支店との連携をどうやって取るのか、
会社としてどこまで備えておくべきかを
決めるだけでも大変です。

また、システムを入れなくていいいかというと、
実は家族が心配で災害時に勝手に帰ってしまう
社員がいるため、うちは不要と考えている
中小企業も必要なシステムです。

しかし、そもそもこの対策にどれくらい
費用をかけられるでしょう。ルールさえできて
いない会社もある中、費用がかかりすぎると
社内決裁に二の足を踏んでしまいます。

だからこそ、費用をかけずに入りたい安否確認システム

現在の安否情報を一元管理するシステムという
定義で話を進めます。

実は、BCP(事業継続計画)と合わせて
保険会社が無料で加入者向けに
安否確認システムを開放しているので、
こちらを上手に使うといいです。

4つご紹介いたします。

Safety Confirmation system

 

大同生命保険

保険契約者向けに大同生命保険が
安否確認システムを無料で開放しています。

 大同生命保険は、災害時に社員の安否を確認する自社が使うシステムを、全国の中小企業に無料で開放する。条件は、経営者や社員ら3人以上が保険契約を結んでいることだ。こうしたサービスは保険業界で初めて。(2019年7月2日 朝日新聞)

(保険業界ではなく、生命保険)

安否確認システムは通常使うと加入料と
月額料金がかかるため、保険料よりも
かなりお得ではないでしょうか。

中小企業ならすでに3名加入している場合も
想定されます。生命保険加入で使えるのは
とても便利です。

無料の安否確認システムとして有望株です。
ちなみにその提供しているインフォコム
安否確認システムは通常、有料です。

Chubb(チャブ)損害保険

チャブ損害保険も、安否確認システムを
保険加入者に提供しています。

業務災害安心総合保険はケガや労災補償などの
保険ですが、こちらに加入している方に
追加費用なしでご提供しています。

http://chubb.mediaroom.com/news-releases?item=124686

 

三井住友海上

「スマ保災害時ナビ」がありますが、
こちらはプッシュ型の安否確認システムではなく
プル型のシステムのGoogleと連携しています。

企業で使うには一元管理プッシュではないので、
おススメではありませんが、災害時のノウハウや
避難場所が見れるアプリの提供をしてくれます。

https://www.ms-ins.com/sumaho/saigai.html#anc-04

ちなみにこちらが、Googleのパーソンファインダーの画面です。
家族でこちらに入力すると決めておくのは便利ですね。

Google Person Finder2

Google Person Finder1

双日インシュランス

地震費用保険(地震あんしんビジネスパック)で
「従業員・家族の安否確認システム」が導入
できると案内があります。

https://www.sojitz-ins.com/corporate/risk/benefit.html

ただ、そのパックの詳細案内ページにつながらないので、
もしかしたら、現在は主力で売っていないかもしれません。

http://jishin.co.jp/script/rd.aspx?agta=0290&mode=corporate

 

無料ならLINEか?

無料ならLINEかなと考える方もいるでしょう。
LINEをビジネスに使っているならそれでかまいません。

ただ、LINEはプライベートと割り切ってる
組織も見かけますので、その場合は別の
システムを導入検討するべきところです。

まずは、無料のところを検討です。

まとめとして

地震や水害など目立ってきている
世の中です。企業としても
安否確認システムを早めに入れましょう。

その際に、まずは無料のものを選ぶと
試しやすいところです。

保険会社さんでシステムを
無料で提供してくれるところなども
検討視野に入れておくと選択肢が広がります。

 

【編集後記】
大学院の研究においては、資料集めがうまく
できるかが手間を省く大きなポイントです。

入学前はあまり気にしていませんでしたが、
使いやすい司書サービスがあると論文の
効率がぜんぜん違います。

大学の説明会に参加する方がいれば、
必ずチェックしてほしいところです。

【運動記録】
ジョギング O ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
とある調査

【子育日記(2歳)】
ブロックの想像力が冴えてきています。

ちょっと別のパターンを朝教えると
夜にはそれを会得し、翌日には
以前に教えたパターンと紐付ける。

教えられるようにもっと新しい
組み合わせパターンを考えないと
いけないなぁと。