スポンサーリンク

スモールビジネスをするための「ひとり会議」は何を自問するべきか

ひとりビジネスを進めるときに、
作戦会議をすることになります。

この作戦会議の具体的内容は
自分との対話です。

自分とはいかなる内容で話すべきか
多くは決まっていません。
その分、他の人は自分と何を話しているか、
スモールビジネスを始めるなら
興味が出るところでしょう。

ということで、対話の確認と
『「ひとり会議」の教科書』から
対話の議題を見てみます。

スタバでひとり会議

 
スポンサーリンク

ひとり会議の時間を作るのは朝か夜か

ひとり会議は一人になれる
時間帯をオススメしています。

ひとり会議は朝するのがおすすめです。

とあります。

朝以外には、案外夜寝る前も
オススメです。

少しタスクが残った状態で、
次のタスクをはっきりさせる。
そういう意図での夜会議。

夜会議は、コンディションが
悪い場合もあるのが難点です。

ただ、朝のダッシュ時に
会議でブレーキをかけすぎない
程度にできるのがいいところです。

自問する会議は、切り上げも
難しいところです。

考えだすといくらでも次を
考え出してしまうことがあります。

共通している必須事項は、
ひとりになる時間を作ること。

この点を守れば、時間と
体調と相談しながら決めれば
十分でしょうか。

□サービスメニュー
個別コンサルティング
・履歴書・職務経歴書コンサル(検討中)
・大学院志望理由書・研究計画書コンサル(検討中)

 

デイリーな議題内容と積極的先送り

議題の単純な中心はタスクです。
何を先にして、何をしないか。
日々をどうこなすかです。

サラリーマンですと
「やらない」とまでは
選択肢を作れない場合も
あるかもしれません。

でも、純粋に全てを完遂しても
時間ばかり足りなくなる世の中。

フリーランスの「やらないこと」の
目線だけでなく、
サラリーマンなら「積極的に先送りすること」を
あぶり出しましょう。

大したことのない仕事が唯一
私たちにアピールしてくるのは、
「緊急性」だけです。

先送りすればこのタスクらが
持っている「緊急性」が
削ぎ落とされて返ります。

自分でコントロールできるもの
ばかりではないでしょうが、
1つの牛歩参考です。

 

自分を深めるためのひとり会議

書籍の中のひとり会議のトピックで
気になったものです。

 
  • 子どもの頃何が好きだったか
  • 制限がないならどんな将来をのぞむか
  • 自分が一番輝いていたのはどの時期か
  • 人生で一番つらかったときは、どうやって立ち直ったか
  • 知らない人が30人いる。彼らと打ち解けていく過程で、あなたは彼らに何をしていたか
  • 自分の得意なこと、苦手なことは?
  • 誰に手伝ってもらうといいですか
  • 死ぬとき何を後悔するか
  • 今、あなたが会いたい人は誰か
  • 人生で夢を叶えたのはいつか
  • 人生で一番輝いた瞬間の感情は、「体のどこらへんにある?どんな形?色は?温度は?固さは?」
  • 目標、なにがうまくいってるか、なにがうまくいってないか、だからなにをするべきか、これらの質問により手に入れたいものはなにか
 
自分のトピックを見つけて
その内容を会議することが
一番いいです。

挙げた内容は、自分で
議題が見つからないときに
サブとして使ってみても
いいでしょう。

ブログを書くというのも
ネタを作るというのも
どこかで上記に似た内容を
自問するときがあります。

自分を言語化して
深められる。
ブログのいい点ですね。 

【編集後記】
法律関連で買った本が続々と到着。
余計に厚みだけはあるので、
早くこなせるように
早速、ひとり会議します。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【昨日のはじめて】
激辛テリヤキチキンバーガー

【昨日の子育日記】
パトカーをじーっと眺めていたようです。
するとおまわりさんが手招き。

おまわりさん「乗せたろか?」
息子「・・・・・。」

興味があって近くまで行ったのですが、
最後は「乗らない」と。

パトカーは大人も子どもも
見るものであっても
乗るものではないかもしれませんね。