シニア向けにもiPhoneは使いやすい選択肢です。

iPadを使ってるなどiOSに慣れていれば、タブレットの延長で使いやすいですし。
今更ながらガラケーからの移動をする場合も含めて、シニアのiPhone初心者向けにiPhone 11 Pro Maxの設定事項の例をまとめてみます。

ちなみに、今回の初期設定はiPadから移すようにしています。

iPadから設定移動とSIMなどの用意

iPhone 11 Pro Maxを用意しました。
今回購入したのは、ゴールドです。

落ち着いた色合いです。

初期設定は、iPadから移動するようにしています。

iPhone Xのときとやり方は一緒です。
詳細を見たい方はこちらを参照してみてください。

幼い子どもがいる人向けiPhone X購入のレビュー

今回も同様のやり方で移行しています。

 

シニア向けのSIMを選ぶ際には、通常の電話をどれくらいするかで変わってきます。

3大キャリア以外でかけ放題をしたい場合は、Y!mobile一択です。

10分でよければ、IIJmioマイネオ辺りでしょうか。
半年間などかけ放題の料金を割り引くなど、サービスをしているようですね。

今回はIIJmioを用意しています。
ちなみに、ヨドバシカメラで購入するとヨドバシポイントが5000ポイントつくのと、通常行っているキャッシュバックの両方を受けることができます。

 

新品の場合問題ありませんが、SIMはクリップを曲げても取り外しできます。

 

シニア向けで、音声入力は便利なので、Siriも登録しております。

拡大縮小を最初に選べますので、「拡大表示」にしておきましょう。
老眼のことを考えての設定です。

 

使用環境設定と練習一覧

シニア向けということで、使用環境を整えることと練習が必要です。
大まかに、以下の設定をしておけば基本的な使い方は大丈夫でしょう。

黄色くしたところは、シニア向けであれば設定をしておきたいところです。

■使用環境
・カレンダ
・メール
・アドレス帳の移動
・テキストサイズ
・ズーム
・拡大鏡

■練習
・目覚ましの設定
・音声入力
・LINEの練習
(自分の名前の変更、連絡先の交換、メッセージ投稿、スタンプ購入)
・カメラの使い方
・Siriの使い方

・テキストサイズ

テキストサイズを大きめに設定しておくことができます。

設定>画面表示と明るさ>テキストサイズの変更 を選択しましょう。

設定

 

画面表示と明るさ

 

サイズをここで選べます。

老眼であることを前提として、大きめにしておくといいです。
iPhone 11 Pro Maxは6.5インチなので、大きくしてもゆったり表示できていました。

・ズーム

ズームの設定は、

一般>アクセシビリティ>ズーム=オン で設定できます。

 

三本指でダブルタップをすると、画面上に拡大鏡が出てきます。

 

・拡大鏡

拡大鏡の設定は、

一般>アクセシビリティ>拡大鏡=オン で設定できます。

 

拡大鏡をオンにしておくと、電源ボタンをトリプルクリックすることで、iPhone自体を拡大鏡として使うことができます。

 

カバーは好きなもので

今回のカバーはこちらのPro Max用を選んでいます。
シニアの場合、マシンスペックだけなく、触るところにこだわってあげた方が、使用満足度を上げることができます。

中はこのような感じです。

ポリウレタンなので、2年程度は革好きの方にも耐えられる風合いを持つでしょう。

よく触るところなので、そこそこ凝ってあげるほうがシニアの方も喜びます。

どこを教えるか迷ったときに参考にしてもらえれば幸いです。

【編集後記】
大学院の事務が通常よりも時短になってきました。
ご協力をいただいて見せてもらっている資料もあるので、日々感謝です。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
とある求人票一式の見直し

【子育て日記(2歳)】
夜ご飯のときに膝の上に乗ってきてくれたので、一緒に食べました。
子どもの方が甘えるのが上手です。使う機会はないですが、参考になります。