映画おしりたんていシリアーティー レビュー

福山雅治さんが声優で出演をしている映画おしりたんていシリアーティーを見てきました。
しっかりと楽しめました。
ネタバレを最小限にしつつ、まとめてみます。

ちなみに、おしりたんていは下品なのかなと、しばらく敬遠していました。
キメワザはその系列ではありますが、おしりたんていさん本人はジェントルマン設定で、子どもの言葉づかいが悪くなるなどといった、親が嫌がるような影響がでないものです。

*入場特典の「7つの謎解きミステリー」
目次

映画のあらすじ

映画のあらすじは、こんな感じです。

顔がおしりの形をしているおしりたんてい。
相棒の小型犬ブラウンと、街で起こる事件を解決する探偵事務所をしている。
「ティータームが楽しめるようないい街にしたい」と、この街の警察(わんころ警察)にもよく協力する。

今回、おしりたんていは、博物館に眠るオーパーツを狙うシリアーティー教授(声優:福山雅治)を追うワンターポールのオードリー(声優:園崎未恵)と協力し、シリアーティー教授の狙いを阻止するために活躍する。

教授の発明や薬のチカラでピンチにおちいるが。。。
(ak-up.comまとめ)

こんな感じでしょう。

本編といえる、シリアーティー編の前に「夢のジャンボスイートポテトまつり」が流れます。
そこが伏線として、ちゃんとシリアーティー編につながっています。
ちなみに、どちらも気楽に見ることができます。

予定調和のきれいさ

おしりたんていファンなら、見ておくべきもの。
かめはめ波の打ち合いのような見せ場は2回あります。

子ども向けということもあり、わかりやすいストーリーです。
わかりやすさを批判する方もいるかもしれませんが、世の中が複雑になっている中で、きれいに切り取ってある良さというのも存在します。
まあ、そんなに難しいことを言わずに楽しめます。

陰と陽を出すことで深みを出す

シリアーティー教授は、過去病弱でした。
しかし、あることをすることで体力を取り戻します。

「私は昔は病弱だった、・・・(略)・・・貴様のように無礼をこくこができるようになった」と。

映画本編のセリフ(うる覚え)より

シリアーティーは、「シリアーティー教授」と呼ばれています。
実際に大学教授などではなく、犯罪者の方々から教授と呼ばれているだけでした。

最近公開のシングのキャラクターづくりでも、陰と陽を合わせて深みを出しています。
体の大きなゴリラが弱気だったり、体の小さなネズミが強気だったり。

シリアーティー教授も過去と現在でのギャップがあり、声の渋さもあって、ここでも深みが出ていました。

ちなみに、おしりたんていとフォルムがそっくりですね。
でも、その関係ははっきりしません。

シリアーティー教授

我々はおそらく遠縁…

という程度で話を済ませていました。
子ども向けですし、なんとなく回答があれば十分なのでしょう。

福山さんの教授はハマり役で

福山雅治さんの声は渋くてよかったです。
少し前の、「未来のミライ」でいい感じのおじいちゃんの若い頃の声を担当していました。
(↓こちらの記事もどうぞ)

あわせて読みたい
未来のミライの家の価格と建築家のモデルハウスとしての役割 未来のミライの中で出てくる家。土地がウナギの寝床と表現されていました。 でも、間口が広いです。車を横付けできています。 直角に入れても3台停まるくらいありますの...

また、ギター調のテーマソングの編曲が福山さんです。

福山雅治さんファンの親御さん世代もいるでしょうから、良い配置でした。

その他

オラン大佐という、シリアーティー教授の手下の役を、エヴァンゲリオンでゲンドーの役をしていた立木文彦さんが担当していました。
長谷川さんのイメージの方を受けたかもしれませんが、「出てる!」と聞いて思わず感じました。

付録でも謎解き。
「7つの謎解きミステリー」というものをもらえます。
けっこう難しいです。

春休みシーズンを気楽にというわけにもいきませんが、興味のある方は、人が少ない時間帯などで見てみてください。

【編集後記】
おしりたんていシリーズで、私はすずさんのファンです。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・1歳)】
一緒に英語のうたを歌っていました。
Monkey Monkey、ゲーム性も加えられるので、やっていてたのしいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる