副業で不動産投資を始めるなら確固たる理由が「自分に」あるかを考える

不動産投資をした方がいいかという話を聞かれます。

投資なのでご本人の資金や割ける時間があるかという前提は始めるのに大切な点です。

でも、最も大切なのは、「本当に不動産投資が好きか」です。
大好きでなくてもいいですが、不動産に全く興味がなかったのに始めるのはちょっと違うかと。

「儲かるから始める」というのは一つの理由です。
でも、それだけで成功しているわけではないです。

「儲かる分野を探したら不動産投資だったから始めた」みたいなコメントをしている、投資家さんがいます。
こういう方は、マーケットの様子をよく見ています。

株式や小規模店舗などでも成功したんじゃないでしょうか。

*あべのハルカスを見ながら

目次

身軽でいる必要はないか

不動産投資を考える上で、身軽でいる必要性を改めて考えてほしいです。
借金をすれば、キャッシュフローの健全性を考える手間が増えます。

もっと小さいものであれば、出ていくお金は一度で完了し、その後の収入との見合いを考えます。
売ったり貸したりして滞納されれば、損失ですが、すでにそれ自体のお金は払済みなわけで、キャッシュフローが滞ることはありません。

不動産投資は長いです。
手放すときも考えたいです。

年齢が上がっていれば、もしかしたら自分ではなく家族にその先の管理をお願いすることもありえます。
家族がもし管理するのが嫌で、身軽でいたかったらその意向とずれてきます。

 

貸付をしたいのか

貸付をしたいから不動産投資だという場合、他の貸付はだめでしょうか。
駐車場を時間貸ししてくれるサービスがあるように、わざわざ新しい物件を購入して貸す必要があるでしょうか。

持っているもので貸せるものがあるなら、そちらは選択肢にならないでしょうか。

家屋や店舗であれ、その他の小さいものであれ、貸せば痛みます。
痛むものだと当然の認識を持って貸せるでしょうか。

そもそも貸したいのでしょうか。

不動産投資が手っ取り早いからという理由でなく、ちゃんと吟味したいです。

借入して大きな金額を動かしたいのか

わざわざ大きな金額の不動産投資をする理由はなんでしょうか。

少額なものであっても、不動産投資よりも回数を回して補うことはできないでしょうか。
不動産自体もある種の在庫ですし、在庫ビジネスにはリスクがることはよく指摘されます。

大きな金額を動かす理由がちゃんとあるのでしょうか。
金額が大きくなればリスクも増えます。
借入をしてレバレッジできるのは、メリットだけではないのです。

 

不動産が好きなのか

そもそも不動産が好きなんでしょうか。

不動産が好きな方と話すと、身近な土地の価格や動きをよく見ています。
近くの土地はいくらくらいで、その上にマンションや店舗を建てたらこれくらいかかって、いくらくらいで貸したら元が取れるか、想像しています。

これから始める方は、こういった練習をしてみていただけるといいです。
ただ、考えるのがめんどくさいなら、不動産投資はやめたほうがいいです。

もっと細かな要素を含めて、収支を計算しなければいけません。
収支の計算をして楽しければそれでいいんですが、そうじゃなければ、儲かるかもしれませんが苦行を続ける必要性が出てきます。

 

自分なりの理由を持っているか

いくつか論点を書きましたが、自分なりに不動産投資を始める理由が十分かは吟味しておきたいです。

好きじゃなくてもお金を稼ぎたい、将来に渡って続ける気持ちもある、手放す算段までしているなら、やるという判断をするかもしれません。
でも、別の選択肢に代替できないこともちょっと考えてほしいです。

身近な小さいものを売って利益を得られませんか?
なにか貸せるものはないですか?
スキルの販売もしやすくなっていますが、やってみませんか?

小さなこれらと比較しておくと、不動産投資を始めるだけでなく、続ける意思確認もしやすいです。

不動産投資を始める際に、ちゃんと考えておきたいところです。

 

【編集後記】
一般的な解が自分に合わない場面も想像できます。
自分なりの判断で試験にかけた上で判断したいですね。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・1歳)】
上の子とLaQを楽しみました。
ブロック系は慣れていてお手の物です。
三角形部分がLaQは特徴的で難しそうです。
そこが楽しいんでしょうが。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる