スポンサーリンク

簡単に折りたためるエコバッグShupatto (シュパット)

レジ袋の有料化が始まりました。
買い物するとき、ふと手元に袋がほしくなることがあります。

ビジネスバッグなどにもさっと入れて使えるものとして、Shupatto (シュパット)を買ってみましたので、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

広げる様子

Shupatto (シュパット)のいいところは「折りたたみやすさ」です。

たたむとこの状態になります。

 

ボタンを取って広げます。

 

袋部分を広げ終わるとこんな感じです。
持ち手部分を上の方向に引き上げれば袋になります。

 

これで完成です。

 

□サービスメニュー

 

折りたたみやすさ

使い終わったらオレンジで囲った部分を左右に引っ張りましょう。

左右に引っ張るだけで簡単に横長の状態に戻ります。

次に半分に折ります。

再び半分に折りましょう。

最後は少し丸めてボタンを留める。

最初の状態まで戻りましたね。

サイズはどれを選ぶべきか

一人暮らしや仕事帰りに一人で、少し買い物をすることを想定するのであればMサイズで十分です。

今回ご紹介したものもMサイズです。

コンビニでアルコールとおつまみを買うサイズです。

 

家族がいて買い物をする場合は、Lサイズの方がいいでしょう。

どういった場面を想定するかで、サイズを使い分けてみてください。
兼用なら大きな方ですね。

経済性はどうか

エコバッグはお財布にエコなのでしょうか。

記事を書いている時点でこのバッグは1,510円です。

コンビニでレジ袋を買うと3円と想定すると、504回使わないともとはとれませんね。

経済性はそういう意味でどちらがいいかわかりません。

ゴミ袋としても再利用している人は、運搬の他にプラスチック袋を買うことも
ありえますし。

慣れの問題もあるかもしれませんが、とりあえずこの機会にエコバッグに興味がある方は、選択肢にしてみてください。

 

【編集後記】
オンライン授業は悪くはないのですが、集中や空気感からいうともう一歩かなと。

教室での形に合わせようとせずに抜本的に変えてしまう方がいいのかもしれませんね。

【運動記録】
ジョギング○ ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳)】
寝ている間におもちゃを整理しました。
使うものと使わないものと分かれてきますが、まだ選別できるわけではないです。

見せると使いたいなと感じてしまうようなので、最近のブームを観察してささっと片付けました。

遊びスペースがスッキリして好評です!