シンプルなテントを買いました。
ひとりで組み立てられるもので、遊びや災害時に使えるという触れ込みです。

案内通り、簡単に組み立てられました。
子育てをしている人だと子どもと使うのにも役立ちます。

家で簡易的に組立てたときには、子どもがテントの中でくつろいで楽しんでいました。

 

 

 

 

組み立てた感じ

まずは、梱包を解いていきます。
そして、設置したいところに広げていきます。

屋根の骨組み部分が折れているので、開いていきます。

 

端を広げていくとこのような感じです。
後は、真ん中の支柱を上に引き上げます。
そうすると、折りたたみ傘が開くように屋根部分が張ります。

この状態で広げるのは完了です。
簡単ですね。
ひとりでもできます。

ただ、二人以上でした方が楽ですが。

 

後は、端に杭を打ち付けていきます。
うちつけなくても、中に重しが入っていれば、それほど動きません。

ただ、何も入れていない状態で風が吹くと、テントが飛んでいきますのでご注意ください。

 

使った感じ

テントはこもった感じがして、居心地がいいです。

中からの様子はこんな雰囲気です。

 

 

 

外から見た入り口はこのような感じです。

 

小さな虫が入ってくるのが気になるなら蚊帳にできます。
白い網を閉じましょう。

 

 

蚊帳部分は内側からも外側からも閉められる設計です。

 

蚊帳の白い網も、メッシュでない方の網も、内側も外側も紐がついているので、縛って地面につかないようにすることができます。

 

また、内側には、スマホなどを入れる内ポケットがついていて、意外と便利です。

拠点があると、野外をゆっくり楽しめますので、便利でした。

 

閉じるときは傘と同じ

骨組みを矢印方向へ引っ張ります。

そうすると、骨組みが最初のようにへしゃげます。

 

へしゃげた様子がこちらです。
このような形に戻るので、四方向の骨組みを二つ折りにしておきます。

あとは、丸めれば収納完了です。

 

最初のテントはどれを選べばいいかわからないかもしれません。

後は、値段と求めるものとの相談ですね。
組み立てやすかったのと、それほど値段が張らなかったので、こちらのテント、買ってよかったかなと。

迷っている方は、一つの意見にしていただければ。

 

 

 

【編集後記】
ロゴの検討をしていて、ある程度方向性が決まりました。
周辺に波及させて、もう少し決めていきます。

【運動記録】

ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
ふたりともよく寝たせいか、機嫌がよく、めちゃめちゃ元気でした。
夕飯を食べさせて、その後また、一緒に遊びました。