税理士 顧問・確定申告・単発相談受け付け中!

定価でソフトウェアを買うと損をする。Scrivenerの例

正規の価格でソフトウェアを買うと損をする可能性があります。
ソフトウェアに割引があることがあるからです。
これを避けるには、調べて割引クーポンを見つけることが重要です。
ただ、クーポンを見つけても、なんかあやしいと使いにくいですね。
信頼性も確認したいです。

クーポンを探して使う例として、Scrivener を見てみましょう。
これは、長い形式のテキストを構造化および整理するためにライターや著者が使用するライティング ツールです。
ブラックフライデーセールなどで買えるといいのですが、タイミングが合わないと定価です。

Scrivener を購入する際にクーポンを利用することで、定価の20%引きで購入できます。

この記事を読むと、ソフトウェアを定価で買う前にクーポンを探したくなります。クーポン発行のウェブの信頼性の確認をした上で、割引がちゃんときくかScrivenerを購入する実験まで確認できます。

目次

ソフトウェアは定価で買うと損?

ソフトウェアは定価で買うと損です。
ひとつは、割引のセールがぼちぼちあることです。

年末年始、ブラックフライデーなど、タイミングが合うと安いです。
でも、いつもいつもそういうタイミングで買えるわけではありません。

なので、クーポンを探すことが次の手立て。

クーポンを探す

クーポンは結構簡単に見つかります。
クーポン+ソフトウェア名などで調べてみましょう。

ただ、日本語のサイトはあまり見かけません。
日本は情報統制がきいているのか、安くは売らないと考えているのか。
海外のサイトだとその代わり見つかります。

ウェブの信頼性チェック

見つかったサイトがちゃんとしたサイトかは、一応確認しておきましょう。

ちゃんとSSL化しているものでしょうか。
いくつか信頼性を確認するサイトを使いましょう。

こちらはAgusというサイト。

https://www.aguse.jp/

セキュア−ル

https://securl.nu/

トレンドマイクロ

https://global.sitesafety.trendmicro.com/?cc=jp

ノートン

https://safeweb.norton.com/?ulang=jpn

スキャンアドバイザー

https://www.scamadviser.com/jp/home

親しみがあるブランドのものでいいので、確認しておきましょう。

Scrivenerの例

見つかったクーポンをScrivenerで見てみます。
ちゃんと割引がききました。

支払いは、直接のクレジットカード入力もありますが、できればPayPalなどを使っておきます。
相手にカード情報を知られたくない場合に便利です。

ほしいソフトウェアがあれば、クーポンの可能性は必ず確認しましょう。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!(笑)

よかったらシェアください。
  • URLをコピーしました
  • URLをコピーしました
目次