12/26 WordPressブログ開設・スタートダッシュWEBセミナー

不在配達日から約1週間。郵送の荷物の不在で預かる期間

不在配達をしてから荷物を扱ってくれる期間は、おおよそ一週間です。

ものによって腐ってしまう場合を除けば、不在配達から一週間を目安に対応することで間に合います。
緊急などで対応できない場合に、目安にできます。

一応、各社代表的なところの対応を見ておきましょう。

目次

ゆうパック

このようにゆうパックに記載があります。

郵便物の受取人が不在だった場合、配達郵便局では何日間保管されますか?
7日間になります。7日間以内に受取人に配達できない場合は、差出人に返送されます。

郵便局Q&A

なお、延長することもできます。
10日までは、保管されている郵便局に連絡することで延長できます。

追跡はこちらから。
そして、保管場所を調べておきましょう。

なお、不在届を出すことで保管期間を30日まで延長することができます。
不在届はこちらです。

不在届を記載の上、身分証明書を持って郵便局へ申請をしましょう。

ヤマト運輸

ヤマト運輸での不在の保管期間は、不在票が入ってから7日間です。
クールは3日間なので、ちょっと違いますね。

ヤマト運輸の場合は、上記の期間が過ぎたら送り主に返送されます。
郵便局と違って延長ができないのでちょっと注意ですね。

佐川急便

佐川急便も最初の不在から1週間が保管期間です。

こちらも郵便局のような延長ができないので注意です。

まとめとして

比較すると郵便局が延長もきいて、万一のときは便利です。
でも、配送側としてはコストがかかりますね。
フリーランチがないことを考えると、サービス改定などそのうちあってもおかしくないです。

荷物を受け取れない場合は、事前に送り主に伝えられるとベストですね。
万一のときの参考にしてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアください。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次