子どもと一緒に失敗してみること

Pocket

ブログセミナー

最近、朝起きてすぐに掃除をしています。お掃除シートなどをかけていると子どもがそれを奪い取ってくるので、なんとなく一緒にかけている感じのつもりです。

仕事やタスクで子どもに邪魔をされたくないこともいくばくかはありますが、何かしら一緒にしてみようと考えています。一緒の時間はすぐに過ぎるので。

公園

*公園にて by iPhone X

子どもと一緒に大人の世界で何かをしてみる

一緒にいるときは、自分が触っているものを触らせるようにしてます。

最近はお掃除シートでの掃除が好きです。ホコリもちょっと取ってくれます。一人歩きをできるようになった時期で、杖代わりに使うのにちょうどいいみたいです。

少し長いので一人でいるときには渡しません。

むげにとってしますと、結構泣かれます。なので、泣かれないようにそっとタイミングを見てしまいます。

最近はいらない電子機器を分解するときに一緒にいました。

ドライバーも危ないものの一つだと認識していますが、まあ親が持っているもので、得体のしれないものです。触りたいという気持ちもわかります。

子どもの世界に入っていってあげることも大切なので、します。

それとは対になるように、子どもだけでは触れないものに一緒に触れるようにもします。

子どもと失敗をしてみる

まだ、子どもだけが成功して私が失敗する事象はあまりないです。だから、この点は目標となります。

今はまだ「子どもができない」ことを「私もできない」と示して遊ぶ程度です。

ただ、子どもさんに体力的に負けたりなんてことは、これから私もいくらでも経験する(しなければならない)ことなんでしょう。

また、親のできることもできないことも含めて、できない経験をしてみたいです。

子どもにも私にも新しいことを始めるのもいいかもしれません。もう少し先になるでしょうが。

子どもに教えてもらう

普段の何気ないことでも、自分がそういう仕方をしていたのかなと、暗喩的ですが反省したりします。スマホ触りたがるということもあるのですが、子どもの前で興味深そうに電子機器を眺めていると、興味を持つのも当然です。

だから、子どもの前では必要以上にスマホに触らないようにしています。

それと、子どもが見せてくれる子どもの様子は、どこか親のマネをしているという目線で見ています。

仕事もよいのですが、子どもの変化をよく見ながら一緒に気持ちを共有していってみます。

【編集後記】
少し遅れてますが、そろそろ子どもの1歳の写真を撮りに行こうかと考えています。

【昨日のはじめて】
公園デビュー

【子どもと昨日】
大丈夫かなと思うくらい食べます。ある程度満足したらごちそうさまをしてくれていたのですが、手にとって食べたり食感が面白いものだったりすると、限度を超えて食べてる感じです。

そろそろ服のサイズをあげないとでしょうか。

ブログセミナー