大学院で税法論文を書けば、
懸賞論文に出すことができます。

書ききってから出そうと考えることもいいですが、
最初から出すと考えておくと形式を整えたり
質を上げたりしやすくなります。

大学院生が出せるものとしては3つ。
研究者の若手が出せるものとしては、別に2つ
ここでご紹介をしています。

これらの代表的な税法の懸賞論文の種類をまとめてみました。

また、日税研究賞と租税資料館賞の応募数、入選数も
まとめてみております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

代表的な懸賞論文3つとその他

大学院生が税法論文を仕上げた際に応募できる
代表的な懸賞論文として3つ挙げられます。

  • 日税研究賞
  • 租税資料館賞
  • 税に関する論文(納税協会)

日税研究賞

公益財団法人日本税務研究センターが
行っているものであり、受賞した未発行の
論文は毎年8月にまとめて出版をしてくれます。

懸賞金は20万円~150万円です。

日税研究賞で、大学院生が応募する場合
字数が36,000〜44,000字の研究者の部の
B部門への応募となるでしょう。

応募要項はこちらから見れます。

https://www.jtri.or.jp/award/application/

 

租税資料館賞

公益財団法人租税資料館が主催するもので、
受賞するとウェブ上にその論文を発表してくれます

論文の懸賞金額は30万円~80万円です。

租税資料館賞の字数に関する制限は
36,000字以上となっております。

詳しい要項はこちらから確認ができます。

https://www.sozeishiryokan.or.jp/award/a_01.html

 

税に関する論文(納税協会)

公益財団法人納税協会連合会が主催するもので、
こちらも受賞すると出版をしてくれるのと
ウェブ上に公表してくれます

懸賞金は、10万円~100万円です。

応募要項はこちらです。

https://www.nouzeikyokai.or.jp/ronbun/

 

研究者向けの懸賞論文

これ以外にも商事法務研究会が出している
商事法務研究会賞と租税法学会賞があります。

商事法務研究会賞は、若手の研究者(40歳未満)の
ために、民法、商法、民事訴訟法、経済法、
知的財産法、租税法、労働法の分野で行われているものです。

一覧はこちらから見られます。
研究者になる目的以外で大学院生で論文を書いている方は
参考になる論文としても使えます。

https://www.shojihomu.or.jp/p013

直近の税法関連だと、
■藤岡祐治氏(東北大学准教授)
「為替差損益に対する課税 ― 貨幣価値の変動と租税法(1)~(6・完)」国家学会雑誌130巻9・10号,131巻1・2号、3・4号、7・8号、11・12号,132巻1・2号(平成29年10月~平成31年2月)
が載っています。

租税法ではないですが、こちらの論文もアメリカ法や
ドイツ法との比較を扱っていて面白いものでした。
比較法をする方の参考になります。

■土岐将仁氏(岡山大学准教授)
『法人格を越えた労働法規制の可能性と限界 ― 個別的労働関係を対象とした日独米比較法研究』(有斐閣、令和2年3月)
租税法学会賞は2020年11月が第1回の締め切りでした。
これから出そろって内容を見られるようになるでしょう。
https://sites.google.com/g.ecc.u-tokyo.ac.jp/jstl/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0/%E7%A7%9F%E7%A8%8E%E6%B3%95%E5%AD%A6%E4%BC%9A%E8%B3%9E

日税研究賞と租税資料館賞の応募状況

教員にもよくすすめられる応募先は
日税研究賞と租税資料館賞でしょう。

両方の割合を確認してみました。
日税研究賞は研究者の部Bの数です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

租税資料館賞の方が応募数がかなり多いです。

字数上限がありませんので、論文に書いたものを
そのまま提出できることが多い理由かと推測します。
締め切りの3月までというのはこの業界が忙しいですから、
手をかけずに出したいというニーズに合っています。

日税研究賞の方が入選割合が高そうですが、
過去には該当者なしと判断している年もあります。
審査が緩いということもありません。

両方の懸賞論文とも、興味深いものが多いです。
(もちろんその他の懸賞論文にも多いですが)

入選のためには、一定レベルに達しているということが必要といえます。

応募しないと入選しないので、
そのまま出せる租税資料館賞に応募してもいいかなと。

社会的な意義の問いかけとしても

判例からの考察という視点もありますが、
社会の変化に租税法がどこまで追いついているかという
視点からも多くの方が論じています。

楽しいなと感じた方は、ぜひ応募してみましょう。

 

【編集後記】
購入したMacBook Airを使い始めました。

移行は楽でしたが、細かいところの設定が
残ってしまいます。ステッカーを変えて気分を新しくしました。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
3人でお風呂に入ってのんびりコミュニケーションを
取りました。まだまだですが、二人とも
すぐに大きくなっていきます。