スポンサーリンク

ブログ記事の英語URLの上手な名付け方のコツ

ブログを書く際の英語URLは上手につけたいものです。

URLは、記事番号page1などが昔は見られましたが、最近は意味内容が重視されます。
わかりにくいURLは、人にもGoogleにもわかりにくいのです。

もちろん、文字列羅列がいい人もいます。
日記風に書いている場合、日付がURLに入った方がいいChikirinさんのような考え方もありますし。

しかし、今から記事のアクセスを伸ばしていきたい人、上手なブログ継続をしていきたい人にとっては、これから下記でオススメする意味内容でURLを作成がいいですよ。

どうつけるかまとめてみます。
URL catch sound

*音から英語の割当を工夫している例

スポンサーリンク

URLのおさらい

URLとはなに?

URLは、ウェブ上の住所の役割を果たします。
Uniform Resource Locatorの略です。覚える必要はありませんが。

URLの短さの利点は、郵便の住所でもいえます。
郵便であっても長い住所はわかりにくいですよね。

京都府京都市上京区智恵光院通り芦山寺上る西入る西社町 + 番地
(長い住所)

指定の利便性から、WEB住所を選べるならわかりやすい方がいいのです。

URLの例と構造

私のプロフィールURLを例に構造を説明します。
https://www.ak-up.com/profile/
  • www.がホスト名といわれます。
  • ドメイン名、私の場合はak-up.comです。
  • (www.ak-up.com/ディレクトリ/profileの場合は、//で挟まっているところはディレクトリです。今回は省いています。)
  • ブログで付けている記事の名前が最後に来ます

URL全体をパーマリンクといったりもします。
(ここではwww.ak-up.com/profileです。)

今回の記事では「記事の名前」を決める官変え方を説明していきます。
「記事の名前」は正式名称ではないですが、理解としてここでは十分です。

「記事の名前」部分を工夫することで、わかりやすいURLを作ることができます。

人にとってわかりやすいURLを目指す

URLを作る場合、まず人にとってわかりやすいURLを目指しましょう。

わかりやすいURLを作るポイントをまとめると、この3つです。

1. 短いURLにする
2. 意味内容がわかるようにする
3. 英語にする(日本語にしない)

1. 短いURLにする

URLが長いと見にくいですよね。

コトバは、どんどん短くなる性質があります。
方言や口語を見てもそうです。

短い方が理解しやすいですし、直接打ち込む際にも簡単です。
打ち込みやすいというのは、引用しやすさにつながりますから。
コピペするでも、短い方がいいですよね。

2. 意味内容がわかるようにする

後々URLだけの一覧を見ることがあります。
Google Search Consoleでも、URLだけの一覧があります。

タイトル一覧もありますが、URLだけで判別できれば何かの折に簡単に使えて便利です。

羅列型のURLは、直感性が薄いです。
www.ak-up.com/321654asdfeeeなどと書いてあっても、どの記事か瞬時に判別できないですよね。

読者も、気にしている方はURLをちょこちょこっと見ています。
タイトル以外にも、そのURLを記事の内容把握に使っている方がいます。

人にとってもURLがわかりやすいのは便利です。

3. 英語にする(日本語にしない)

URLは英語にしましょう。
文字化けもありません。

日本語は、常用漢字が2,000字以上、JIS規格でも6000字程度あります。
URLで処理する際には、アルファベットや数字などを複数割り当てて表現してます。

bad url

WordPressで自動でつくパーマリンクをそのまま使うと、文字化けします。

こんな感じです。

https://ak-up.com/%2F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%AE%E8%8B%B1%E8%AA%9Eurl%E3%81%AE%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AA%E5%90%8D%E4%BB%98%E3%81%91%E6%96%B9%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%84

なんのことやら わかりません。

まずは、人にとってわかりやすいURLがいいです。
□サービスメニュー

 

GoogleにとってわかりやすいURLを目指す

人の次に、GoogleにとってもわかりやすいURLを目指してみましょう。

作成ルールが増えるとわかりにくいので、人にとってわかりやすい内容とイメージが重なるように3つにまとめてみました。

1. 短いURLにする(4文字目標)
2. 意味内容がわかるようにする
3. 英語にする(日本語にしない)

4単語以内がいいという噂

4単語以内のURLがいいという噂があります。

GoogleのSearch Consoleに、以下の5単語の例が上がっていることが理由ではないかと。

「baseball-cards-baseball-cards-baseballcards.htm」のように過度にキーワードを使用する。
(Google Search Consoleヘルプ)

意味も重複していますし、必要であれば5単語以上の文字列でも私はかまわないと考えます。

この記事の意味から少し外れますが、URLでちょっとミスったくらいでウェブページの評価がだだ下がりしないです。

でも、可能であれば4単語以内です。
意識しておきましょう。

意味のない文字列がよくないという噂

Googleが悪い例で出しているのは、意味のない文字列や一般性が高い単語です。

・悪い例1
http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1

・悪い例2
http://www.example.com/page-01.html

何が書いてあるかわかりません。

人が上記のURLを判別しにくいのと同じですよね。

日本語でのURLが良くないという噂

こちらも、人が判別しにくいのと同じです。
意味内容がありませんし、文字化けしてURLが無駄に長くなります。

日本語が悪いというわけではないのですが、結果として人も判別しにくいURLですから、避けましょう。

Googleをどこまで気にするか

Google自体も細かい順位付けルールはよく変わります。
また、URLはその一要素です。
URLがキラリと光っても、中身も判断されます。
順位付けの要素はたくさんたくさんあります。

あまり神経質になると、ブログを継続することが難しくなります。

基本的なURL付けを考えてみる

今回の記事にURLをつけることで、基本的なURLの付け方を例示してみます。
(英語が苦手な人用には、次のパラグラフで説明します)

記事名を自分で英訳してみます。
自分で訳してもいいですし、Google翻訳に入れ込んでもいいです。

私が意訳したものは、これです。
*best tips to name a blog post

Google翻訳にお願いするとこちら。
 **Tips for good naming of blog posts in English
十分ですね。
*から、もっと単語を減らします。
toとかaとかはなくてもわかるので除外して、いくと
ak-up.com/tips2name-blog-post
とかはどうでしょう。
**から考えてみます。
何か作ってみれば、
ak-up.com/tips4naming-blog-posts

ちなみに「good」は、訳せば「良い」であっても、それほど意味はありません。
日本人の控えめな感覚のgoodは、例えばインド感覚で言えばbestくらいのレベルです。

英語が苦手な人向けのURLの付け方

英語が苦手なら、主題から2単語取ることで十分です。

今回の記事はURLのことですから、「URL」は入れます。
次の単語は、名付けのnamingか、コツのtips。

ご提案するURLは、こちらの2つ。

  • ak-up.com/naming-url
  • ak-up.com/url-tips

おかしな文字列よりかなりいいです。
こだわって時間をかけすぎるくらいなら、こちらなら苦手な方でも20秒くらいで作れます。

WEB辞典など、英語の調べ方

英辞郎

WEBでの英語の調べ方でよく使われているものは、英辞郎ですね。
辞書よりもこなれた英語があり、使いやすかったのです。
ただ、UIが変わってから前よりちょっとひっかかりますが。

英語学習・TOEIC対策・英辞郎 on the WEB | アルク
英語・子供英語・日本語の通信講座や学習書、オンラインサービスを提供するアルクのウェブサイト。あなたのレベルや目的に合った語学学習教材がきっと見つかります。英辞郎 on the WEBやTOEICなどの無料コンテンツも充実。

Google翻訳

言われずとも使っている人が多いGoogleの翻訳機能です。
Google翻訳の基本概念は単文節化と逐語訳。

長文ではなく、単語を訳するのにも強いはずです。

Google 翻訳
Google の無料サービスなら、単語、フレーズ、ウェブページを英語から 100 以上の他言語にすぐに翻訳できます。

DMM英会話なんてuKnow

SEOにも力を入れているせいか、よく出てきます。
短い説明文と合わせて提示してくれているので、役立つ場面が出るはず。

ちょっと玄人になるための略称の紹介

ここまで読むと、神頼みみたいに5単語以上にするのを防ぎたい欲求が出るはずです。

英語数字などを使った省略が便利です。
URLの名付けの小技に使えます。

2と4はすぐ使えるものですので、押さえておきましょう。

・1 = won(勝った)
・2 = to, too
・4 = for
・8 = ate(食べた)
・C = see
・R = are
・U = you
・Y = Why

(URLの場合は、大文字小文字で分けませんが、わかりやすいので大文字のものは大文字で提示してます。)

URL付けを、苦労にはしない

あまりURLの付け方に神経質になると、ブログを継続することが難しくなります。

URLにこだわるよりも更新ができる方がいいですね。
下記の1と2を比べても、更新回数が多いほうが結果的にいいブログ継続ができます。

  1.   URLがシンプルできれいだけれども、月1回しか更新できない。
  2.   URLは適当だけれども月2回更新できている

URLの付け方に迷った方は参考にしてみてください。

【編集後記】
寒い日が続きますね。一枚多めに着込んで出かけるようにしてます。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
コンサルサービス
錦わらい

【子育て日記(2歳)】
粘土遊びを一緒に。ものによってすぐに硬くなりますね。
やりだすと大人でも面白いです。丸めたりこねたり、基本作業から子どもと練習してます。

ブログ継続
スポンサーリンク
akをフォローする
スポンサーリンク
AK-UP まいせん(毎日の処方箋)