住宅を建設するのであれば、あなたの必要な面積をしっかり考えましょう。

木造であれば坪単価60−80万円はします。6畳の大きさであればざっくり200万円変わってきます。面積を見直す際に、まずはベランダが必要か考えてはどうでしょうか。ベランダがしっかりほしいかどうか。それは洗濯物を干す役割が大きいです。

庭を感じたい。植木を植えたい。これらはベランダでしょうが、洗濯物を干すだけの方は大きくは必要ないのではないでしょうか。花粉もつきません。

ベランダ
*ベランダ の様子を

 

ベランダの干場としての役割

ベランダの役割は何かと考えれば、一番大きなものは干し場でしょう。洗濯物を干す役割が一番大きいです。特に親世代と話せば、天日干しへの信仰は絶大です。

太陽信仰があると言ってしまってもいいくらいです。殺菌作用は確かにありますが、気持ちの良さもものを言っています。

また、親世代の時代の乾燥機は今ほど能力が出なかったため、それもベランダで洗濯物を干すべき、という結論に至らせるものになっています。

 

乾燥機

もし、太陽信仰をせずにいられるのなら、乾燥機を使うとしてベランダを小さくしてみましょう。ベランダを小さくするということは、居室を大きくすることができます。

電気式やガス式などあります。

初期の工事が可能であればガス乾燥機もオススメです。

 

室内干し

室内干しの場合は、収納できるものを使いましょう。

ホシ姫サマ

収納式の物干しです。必要がないときは収納できるのが良い点です。

 

ホスクリーン

干すものであれば、ホスクリーンがあります。必要がないときは棒を取り外しておくことができます。室内干しです。

 

pid

取り外しの物干しで綺麗にしたいのであれば、pidもオススメです。

 

寝具のベランダ 干し

寝具のベランダ干しも一つの回避方法です。これは、Joseというパイプ式のものがあります。これでベランダがなくても布団を外側に干せるようになります。形もシンプルでなかなかいいものです。

https://www.sanwacompany.co.jp/shop/p/EX03011/

 

 

機能を限定すると作りやすくなります。オールマイティな家が欲しい、ではなく。予算に限定性があるなら、機能を限定しておきましょう。

 

【編集後記】
必要なものをしっかりと選定してく作業が大切です。削ぎ落とせると、肩の荷が軽くなります。

【昨日のはじめて】
パペットと子ども

【子どもと昨日】
パペットを使って、子どもが普段する仕草や動きを真似して遊びました。よく見てくれているので、こちらもやりがいがあります。不思議なものは何に見えているのでしょうかね。