RPGゲームと現実が違う、失敗して得られる経験値

ゲームをするときに、経験値という概念があります。

~経験値とは~
 敵を倒すと、貯金のようにポイントが増えて、一定のポイントが貯まるとレベルが上がる。
 レベルアップすると「力が1増えた」などと、目に見えて能力値がアップしていく仕組み。

だいたいこんな感じです。

では、現実世界でも同じなのでしょうか??

実際に想像すると、成功した(勝った)ときではなくて失敗(負けた)ときに経験値が入るのでは?
少しまとめてみます。

目次

RPGの経験値設定は、成功値の蓄積

ゲームにおいての経験値は相手に勝つことによって、原則得られます。

勝たなければ経験値は入りません。
つまり、100回戦おうが、1勝もしなければ、経験値はゼロ=経験はないのです。

経験値という名前ですが、成功報酬型です。
経験をしたというよりも、勝ったときにもらえる報酬といえるでしょう。

RPG内では、お金は物品の購入に当てたり賭けごとに使えたり。
でも、経験値は使えない、という程度の違いですね。

現実の経験値は、経験の積み重ね

現実の経験は成功報酬型ではありません。
ひとつひとつの積み重ねです。

化学の実験を例に取れば、実験をしてその結果を吟味します。
うまくいけば成功する方法を見つけたといえます。

ただ、失敗をしても、成功できない方法を確認できたといえます。
このように実際の経験は、数値で与えられるものではないです。
気がついて、自分で吟味して、少しずつ重ねていくものです。

現実の経験は、経験値ポイントとは様子が違う!

成功と失敗の再現性

成功と失敗は、どちらが経験が高いのでしょう?

RPGゲームで行けば、成功の方が経験値として高いです。
現実世界ではどうか。

成功をするととても気持ちがいいです。
結果も伴うので、実益もあるでしょう。

成功体験の良いところは、ノウハウよりも自信です。
「うまくできたんだから、次も成功できる」と感じられれば、案外とうまくいきます。

でも、失敗の方が再現性を補強しやすいのはよく言われることです。

失敗するとRPGでは経験値がゼロです。
ただ、現実世界では、経験がゼロではないです。

現実世界では、失敗でも経験を積める!

レベルは目に見えず、能力が緩やかに上がる

現実世界でもう一つRPGと違うのは、レベルが緩やかに積み重なることです。

「力が上がった!」などという数値化はしにくいです。
気がついたら、一部の数値が上がっているような状態。

筋力が上がったというのなら、少しは数値化できるかもしれません。

でも、知力が上がったとか、運が上がったとかは、わかりませんよね。
積み重ねによって上がっていることには違いないでしょう。

異世界転生すればレベルとして能力が上がるかもしれませんが。

今知っている限りの現世では緩やかに能力が上がっていきます。

失敗うまくいかない方法の発見

失敗はうまくいかない方法の発見です。
偉人伝でも言われることですね。

RPGのようなレベルアップが成功報酬型であることは述べたとおり。
現実世界とは違います。

失敗といえるもので、成功にちゃんとつながっていくはずです。

自信を持って失敗しましょう。

【編集後記】
金融機関に為替のアドバイスを聞くとき、利害関係者に聞いているという事実を忘れないようにしたいです。
彼らはボランティアで布教しているのではないのです。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(5歳・1歳)】
下の子がダンスが好きなので、マイケル・ジャクソンのTHIS IS ITを見せてみました。
程よかったようで、ノリノリで踊っていました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる