スポンサーリンク

Windows10でクリップボード履歴をさかのぼってコピペする

Windows10になってからクリップボード機能が
大幅に改善してます。

今までは、直前のコピーワードだけを貼り付け
できましたが、履歴をさかのぼってペーストが
できるようになっています。

Windows10以前であれば、別途ソフトウェアを
インストールして対応していましたが、
標準機能で対応可能となりました。

スポンサーリンク

履歴表示コマンド Windows + V

コピー履歴の表示機能はWindows + Vです。
Windows10になってから導入されました。

何もコピーしていない状態でWindows + Vをクリックすると
次のようなクリップボードが出てきます。

これでは何のことかわかりませんが、
いくつかコピー(Ctr+C)をしてから
再度起動してみます。

そうすると

このように、いくつか過去のコピー履歴を
出すことができます。
上から新しい順です。

貼り付けたいものをマウスでクリックすると、
過去のコピーした内容を貼り付けられます。

□サービスメニュー

 

有効設定の仕方

上記のクリップボードは初期で有効で
ない方もいるので、うまく動かない時は
設定を確認しましょう。

設定>クリップボードを開きます。

上記にある、クリップボードの履歴を
オンにしておきましょう。

設定はこれだけです。

ちなみに、MacでParallelsを使っているなら、
ショートカットキーに次のように
Windows + Vに該当するショートカットを
加えておきましょう。

Windows10上であればどこでも使用可能

今回はWord上でこの貼り付けを行いましたが、
Windowsの標準機能であるため、Edgeであっても
システム検索上であっても、どこでも開けます。

意外と便利です。

文書仕事や論文作成に便利

クリップボード機能は文書仕事や
論文作成に便利です。

複数前のコピー単語になんども
アクセスしないといけない状態が出れば、
ぜひオンにしておきましょう。

小さな小技でちょっとずつ時間削減に
つなげられます。

【編集後記】
大学院の資料取り寄せの件数が
ダントツの一位になっています。
授業がなくなっても続ける予定です。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
WONDA 極

【子育日記(2歳)】
朝からうどんを作りました。
子どもはうどんが結構好きですね。

70代の方と子ども談義していたら、
「孫が一時期うどんばっかり食べてて心配になった」と
おっしゃってました。

論文作成
スポンサーリンク
akをフォローする
スポンサーリンク
AK-UP まいせん(毎日の処方箋)