WordPressの設定でファビコンを設定するをまとめます。
ファビコンとは、ブラウザで表示した際のタイトルの左側に出るマークのことです。

 

 

ファビコンが未設定の場合の印象の比較

WordPressで上手に更新をしていても、ファビコンがデフォルトだと、全体の設定がまだなんだと感じさせます。
こんな状態です。

 

ちゃんと設定ができていれば、このように、表示がされます。

 

小さいことかもしれませんが、それだけでサイトの印象を変えられるのであれば、便利ですよね。
特別なプラグインも必要ありません。

 

設定方法

まずは、[外観]>[カスタマイズ]を選択しましょう。

 

次に[サイト基本情報]です。

 

[サイトアイコンを選択]を選びましょう。
アイコンはあらかじめ用意をしておきます。
推奨は、512 x 512ピクセル以上の正方形の画像です。

 

一度アップしても気に入らなければ、[画像を変更]で再度変更できます。

 

最後は[公開]をクリックしましょう。

 

結果、このように表示されていたものが、

 

こちらのように変更されています。

 

まとめとして

ファビコンの設定はとても小さい箇所かもしれません。
でも、ファビコンがデフォルトのままだと間借りしたようなサイトの印象になってしまいます。

気になる方は、WordPressを利用したサイトの構築において、他の人のサイトのような印象を与えず、自分のサイトだということをしっかりと示すためにも、ファビコンの設定をしっかりとしてみてください。

 

【編集後記】
ワクチン接種後の反応は特に気にならない感じでした。
ただ、会社の部下などに、翌日に積極的に休暇を取るようにしごとの配分や申請を出しておくような調整をしています。
ストレスが多い人もいるので、昨今の調整にしてもらいたいなと。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○

【子育て日記(4歳・0歳)】
子どもと虫とりです。
夏休みが終わりかけだったり終わっていたりの時期だったせいか、子どもたちがとても少なかったです。
その分、のんびりと採集できました。