スポンサーリンク

3歳の子と新発売のゼノレックス組み立て

1月23日発売のゼノレックスを
子どもと一緒に購入してみました。

小さいタイプなので、2000円台のお値段です。
(アマゾンは2,500円となっていました。
量販店で2,200円で見つけて買っています。)

細かくよくできています。

楽しく一緒に組み立てたので、
記録を作ってみました。

 

スポンサーリンク

箱外装

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じ。
子ども曰く「はこがまた、かっこいいよ〜」だそうです。

 

裏面はこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

□サービスメニュー

 

中身

中身の一式です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾイドゼロは、復元の書でしたが、
今回はZ-MANUALとなっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

組み立て

まずは動力の確認からです。

慣れたもので、すぐにドライバーと単4電池を
持ってきてスタンバイしていました。

電池を入れたらすぐに動作チェックです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

動力確認ができたら、各パーツを開けました。

実は、破線で切れるところが示してあるので、
開封にハサミは不要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

説明書を見ながら好きなところから組み立ててます。

気になる連結部や、力が必要な部分はこちらに言ってきますが、
後は自分で意気揚々と組み立てていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あっという間に、最初の部分の組み立てが完了です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

力がいるところもありますが、楽しそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

少し方向性が見えてきました。
首部分の前後が間違っていますが、
きちんと動かないのもご愛嬌です。
「なんでだろう?」と考える機会になります。

固定が必要なところはちょっとだけ
手伝うようにしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うまく組み立て終わりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインの頭部分の組み立てに移ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

頭部分はさっと組み立て上がり、しっぽに移ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しっぽ部分はちょっと固めなところもあるので、
押し込みを手伝いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本体にしっぽをつけるのは自分で。
キャップはゾイドゼロのものと違いがあり、きれいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾイドゼロと違い、ライダーがむき出しではありません。
ちゃんとコックピットがあります。

乗り込み部分があるのも気に入ったようです。

早速ライダーを乗せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライダーを乗せると、頭はきっちり閉まらなくなるようです。
閉じすぎて、鼻の部分パーツが取れないように気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という感じで、さっそくゼロファントスと
対決させていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいですし、2千円台の価格も手頃なので、
気になったら、子どもと一緒に組み立てると
楽しめるおもちゃでした。

 

 

【編集後記】
読み終わった文献を電子化して捨てています。
一気に捨てた方が早いのでしょうが。

ホームページの計画立てを改めて始めています。

【運動記録】
ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
やっとゼノレックスが手に入ったので
意気揚々でした。

「写真を撮ってもいい?」と聞くと、
「う〜ん」と考えつつ
「いいよ!」と快諾してくれました。

 

次男のゲップをうまくさせるのにハマっています。