輸出時の条件で迷うのが、
EXWの場合と消費税です。

貿易の場合には、Incotermsがときおり変わります。
相手が国外の事業者の場合、CPTやFOBなどに引きづられ、
条件がEXWになった場合に消費税の計上を忘れがちです。

念のために注意が必要な部分です。

truck

 

 

 

 

 

 

 

 

 

EXWは国内引き渡し

EXWは国内での引き渡しです。
工場渡と呼ばれる条件です。

インコタームズ®2020のEXW(Ex Works)[工場渡]の紹介

ということは、国内において貨物を
引き渡すことになります。

ところで、消費税がかかるのは、
「国内において事業者が行った資産の譲渡」です。

相手方が国外に所在しているかは関係ありません。

引き渡し場所が国内に変わってしまうと、
上記の条件に合致してしまう場合が出てきます。

変更の際に忘れがち

単体でEXWには消費税がかかるという事実は
忘れませんが、条件変更が複数回あったときに
ふと問題となります。

例えば、もともとはCPTなどで条件を決めていて、
範囲がFOBになり、EXWになりで、
輸入者側がその輸送範囲を広く受け持つように
交渉が進んでしまうと、
消費税の条件が抜けがちになります。

輸出者からみれば、EXWは受け持つ部分が少なく、
楽な貿易条件と考えられがちです。

しかし、EXWに条件変更をした際に
Consumption Tax(消費税)を急に付加しても
海外にいる方は納得しにくいでしょう。

海外における税金は、
なんかうさんくささが漂います。
いや、必要なときがあるのはわかるのですが。

その逆で、日本から輸出する場合を仮定して
海外の事業者にEXWで見積もりをしているときに
急に消費税を付加して見積もると、
相手の納得を得にくいです。

最初から提示できていればまだしも、
EXWによる消費税付加に後で気づいた場合、
うまく頭の切り替えをしにくいところでしょう。

消費税の精算をしないなら、FOBまでは仕立てたい

海外の事業者が消費税の精算をしないのなら、
FOBまで仕立ててあげたほうが、
日本の消費税負担を少なくしてあげられます。

ですから、EXWとFOBの見積書、
それに合わせて消費税の制度の説明を
相手方にして納得が得たいものです。

比較的単純かと考えるこの説明でも、
意外とわかってもらいにくいです。

時間がかかること=コストと判断するのなら、
手間はかからないのですがEXWでの見積もりを
海外の事業者相手には避けておく。
せめて、FOBくらいまでにしておくといいかもしれません。

なお、取り扱いの全体感を考えれば
CPTくらいまで仕立てても問題ないのかと。

海外にも販路を考える場合に、
上手に慣れて、最初からまとまりやすい
条件を提示したいですね。

EXWには消費税の問題が出てくることを
頭の片隅においておきましょう。

 

【編集後記】
とある見積もりが出るのを待って少し時間が
かかりました。在宅勤務が増えたために
相手を待っている時間が発生しました。

【運動記録】
ジョギング○ ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳・0歳)】
上の子がふりかけを自分でしてみるのにハマっていて、
散らばらないようにちょっと手伝いながら
してみてます。

「自分でやりたい」って気持ちが
いいなと、見習いたいと感じてます。