スポンサーリンク

インコタームズ®2020のCFR(Cost and Freight)[運賃込み条件]の紹介

インコタームズ®2020以前からある
CFR(Cost and Freight)[運賃込み条件]について説明をしていきましょう。

CFR

スポンサーリンク

CFR(Cost and Freight)[運賃込み条件]とは

CFR(Cost and Freight)の略です。
シーエフアールと読みます。

よく使われる条件のため、類似の略語は
他にもあります。CFRがICC(国際商工会議所)が
定めている書き方です。

ただ、昔からあるため別の略の方法があります。

・C&F
・C+F
・CNF
C&Fはandを&で表記したものです。
同じものとして理解しやすいです。

C+FはCost and Freightなので、両方を
足しているという表記と理解できます。

CNFは、&が文字コード表記しにくいため
andをNで代用しています。

インコタームズ®ではないのですが、
CFS(Container Freight Station)や
FCL(Full Container Load)など、なにやら
貿易をやっているとFやらCやらが多く
ちょっと紛らわしいかもしれません。

よくわからない略語はいったん保留しておいて、
使う型をしっかりと馴染ませておきましょう。

CFRは費用は買手の港まで、
リスクは売手の港まで引き受ける内容です。

CFR risk cost

契約書の上での表記上はこのようになります。

CFR 指定場所 Incoterms 2020

 

CFRのリスク移転は、FOBと同じ

CFRのリスク移転はFOBのリスク移転と同じです。

FOBのリスク移転は、船に貨物が載った際ですね。

インコタームズ®2020のFOB(Free on Board)[本船渡し]の紹介

積載した時点で、買手の港にしっかりと到着しているわけでは
ないのですが、リスクとしては移転します。

実際に、売手が積載後に何か貨物に手を加えられるか
といえば、無理です。

船社に書類上の変更などはできます。
しかし、海の途中で下にある貨物をどうにかしてほしいと
願っても難しいです。

海上輸送にのみ適用する条件

CFRは海上輸送にのみ使える条件です。

FOBに海上運賃を加えたものと理解すると
わかりやすいです。

貨物が船に乗る前に輸送業者に引き渡されるような場合が
FOBにもありました。この場合には、
FOBよりもFCAを使いましょうとの方針があります。

インコタームズ®2020のFOB(Free on Board)[本船渡し]の紹介

CFRにおいても同様です。
貨物がコンテナターミナルに引き渡されて
作業をされる場合には、リスク移転を船に積載した時点ではなく
貨物倉庫に引き渡した時点まで短くしておくと
売手のリスクが減ります。

CPTはこうですね。
(トラックの間には港があると仮定して見てください)
incoterms cpt

CFRはこうです。
CFR risk cost

売手・買手のどちらになるかによって
リスクをどこまで引き受けるかしっかりと
考えておきましょう。

まとめとして

CFRは、頻繁に使われる条件です。

しっかりと理解してものにしておきましょう。

【編集後記】
後残すところはCIF条件だけです。
これを書けばインコタームズ®2020の
全てを網羅したことになります。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
とある研修

【子育日記(2歳)】
バッタを捕まえに外へ。
あっちの数匹を捕まえて少しお腹が
減ったのでおやつを外で平らげます。

虫が苦手とかではないのでまた行きます。
G退治ができるくらいに育て上げるつもりです。