スポンサーリンク

インコタームズ®2020のFOB(Free on Board)[本船渡し]の紹介

インコタームズ®2020以前からある
FOB(Free on Board)[本船渡し]について説明をしていきましょう。

FOB

スポンサーリンク

FOB(Free on Board)[本船渡し]とは

FOB(Free on Board)の略です。
エフオービーと読みます。

FOBは費用とリスクを船に乗せるまで
輸出者が引き受ける内容です。

契約書の上での表記上はこのようになります。

FOB 指定場所 Incoterms 2020

 

リスクと費用は船に乗せた際に移転します。
まあ、確認程度ですね。
FOBは有名なので、貿易専門でない方でも
馴染みが深い条件かもしれませんね。

FOB risk cost

FOBは売手が、商品を船に乗せて、
買手のノミネーションしたフォワーダーに
引き渡した状態にします。

これにてリスクは移転します。

ノミネーションは、FASの中で説明をしております。

インコタームズ®2020のFAS(Free Alongside Ship)[船側渡し]の紹介

欄干越えるは昔の話、今は置いたら移転

一昔前までは、「欄干越えたらリスクが移転する」と
習った方のいるかもしれませんね。

それは、以前の話です。すでに欄干を越えて
船の上に置かれた時点でリスクが移転すると
いうことになっております。

変更には理由があります。

クレーンでつっている状態から、
たまたま船の端っこで貨物が転倒した場合が問題になりました。

笑い話のようですが、船のうちに落ちるのか
外側に落ちるかで売手の責任なのか買手の責任なのか
争いになったのです。

色々なケースを経て、すでに船の上に
置かれるまでが売手のリスク負担ということになります。

 

海上輸送にのみ適用する条件

FOBは海上輸送にのみ使える条件です。

貨物が船に乗る前に輸送業者に引き渡されるような場合、
例えばコンテナターミナルの輸送業者に引き渡される場合は、
FOBよりもFCAのルールを適用しましょう。

インコタームズ®2020のFCA(Free Carrier)[運送人渡]の紹介

まとめとして

FOBは、図を見てもらったら
おおよそのイメージをつかめるでしょう。
使う頻度も多いところですので、
馴染みもいい貿易条件です。

FOB risk cost

【編集後記】
2020年までは遠いようであっという間に
時間がやってきそうですね。

日々の積み重ねを大切にします。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
子どもと川へ

【子育日記(2歳)】
川縁に遊びに。
少々濁っていましたが、大きなお風呂のような
イメージですかね。先へ先へ進んで
端を見ようと頑張っていました。