スポンサーリンク

インコタームズ®2020のCIF(Cost Insurance and Freight)[運賃保険料込み条件]の紹介

インコタームズ®2020以前からある
CIF(Cost Insurance and Freight)[運賃保険料込み条件] について説明をしていきましょう。

CIF

スポンサーリンク

CIF(Cost Insurance and Freight)[運賃保険料込み条件]とは

CIF(CIF(Cost Insurance and Freight)の略です。
シーアイエフと読みます。
人によってはシフと読んでいる場合もあります。

CFRに保険をつけたものという理解がシンプルです。

CFR risk cost

CIF risk cost

契約書の上での表記上はこのようになります。

CIF 指定場所 Incoterms 2020

 

CIFのリスク移転は、FOB=CFRと同じ

CIFのリスク移転はFOBやCFRと同じです。

インコタームズ®2020のFOB(Free on Board)[本船渡し]の紹介

積載した時点で、リスクとしては移転します。

CIF risk cost

リスクは移転するのでしょうが、海上保険の
付保をしておいて、海の上でなにかがあった際に
保証がされるように備えておくのがCIFです。

CFRではリスクに備えた保険をどうしているか

CIFに比べてCFRは海上のリスクに備えていないように
図を見ると感じるかもしれません。

CFR risk cost

海上のリスクは、CIFは売手側が保険を付保し
ヘッジをしておりましたが、CFRの場合は
買手が付保をしてカバーします。

実は海上保険は、船が出港した後でも
付保することができます。

極端な例は、買手の港に到着してから
保険をかけることもできます。

ですから、出港の瞬間に間に合わなくても
保険を買手側で用意することが可能です。

結論:CFRでは、買手が保険を付保してリスクをカバーしている

 

CIFも海上のみに使える条件

CIFもCFRと同様に海上輸送にのみ使える条件です。

CFRのときと同じく、船ではなくターミナル渡しをして
リスク移転をその倉庫までにおさめたい場合、
CPTを使っておきましょう。

CPTはこうですね。
(トラックの間には港があると仮定して見てください)
incoterms cpt

CIFはこうです。
CIF risk cost

CPTに保険を付保するとCIPという名前になります。
これで、CIFとほぼ同様で売手側のリスク範囲を
減らす条件を使用することができます。

インコタームズ®2020のCIP(Carriage and Insurance Paid To)[輸送費保険料込み]の紹介

売手・買手のリスク負担をよく考えて
条件を使用していきましょう。

まとめとして

CIFも貿易をしていれば必ず見る条件です。
難しくはないので、FOBやCFRと合わせて
理解しておきましょう。

【編集後記】
インコタームズ®2020網羅が終わりました。
所有権について次は書いてみようかと考えています。

【運動記録】
ジョギング 雨 ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
タリーズ ジャスミンミルクティー

【子育日記(2歳)】
少し怪我をしたと聞いたのですが、
今は落ち着いたようです。

子どもの怪我は繰り返すこともあるので、
注意したいところです。