スポンサーリンク

さくらインターネットからXサーバーへの移転(エラー例を含む)

ドメイン契約をした後からになります。

ドメイン契約はA8から、セルフバックにて2,858円を
返してもらえますので、まだ契約をしていない方は
そちらからしてください。

エックスサーバー契約のA8を使ったセルフキャッシュバックのやり方

手順をつかみながら、データ移行とその後の
サーバーの経路設定(DNS設定)を合わせて説明します。

スポンサーリンク

1.手順をつかもう

エックスサーバーに移行する際に、
まずは大まかな手順を理解しましょう。

エックスサーバーへの移行手順

まずはエックスサーバーの申し込みです。
A8のセルフバックと合わせて説明した
こちらの記事をご参照ください。

エックスサーバー契約のA8を使ったセルフキャッシュバックのやり方

今回の記事は以下の内容を進めていきます。

2.ドメイン設定
3.データ移行
4.手続き完了

2.ドメイン設定

まずは、ドメイン設定です。

ドメイン設定に移動する

まずは、サーバーパネルへ移動。
その後、「ドメイン設定」をクリックします。

 

「ドメイン設定追加」

ドメイン追加設定をクリックし、
以下の通り必要事項を入力後進みましょう。

独自SSLはとりあえず外しておきます。
設定は後からです。
(エックスサーバーのSSLは選択すれば完了するので簡単です)

ここまできたら「追加する」で
進めます。ネームサーバーは出てきますが、
とりあえず無視して進めておきましょう。

 

反映までは時間がかかります。
1時間程度待つことになります。

複数ドメインを移行する場合は
先に反映作業をしてしまいましょう。

しばらく放っておくと「反映待ち」が消えます。

 

3.データ移行

データ移行を簡単に行うツールも
あるのですが、画像が日本語の場合に
文字化けをしてしまってアクセスができなくなる
可能性があるため、FTPソフトでの移行を進めました。
FTPでバックアップファイルは入手できますが、
心配な方はWordpress上からもバックアップを
とっておきましょう(移行には使いません)。
WordPress上から、ツール>エクスポートで
「すべてのコンテンツ」にチェックが入った
状態で、「エクスポートファイルをダウンロード」を
クリックします。

さくらサーバーのSSLを無効にする

まずは、さくらのプラグインを無効に、SSLをhttpでログインします。
WordPressにてSSLを無効にします。
SAKURA RS WP SSLを使っていたので、
まずはそのプラグインを停止します。
.htaccess上のリダイレクトがあれば削除しますが、
私の場合はないことを確認しました。
.htaccessはFTPファイル上の隠しファイルを表示するに
すれば出てきます。
次にサーバー上でさくらのコントロールパネルから
SSL設定を外しましょう。
ログインしたら左列にある「ドメイン/SSL設定」をクリック。
SSLの設定を変更するドメインの「変更」をクリックします。
「共有SSL、SNI SSLを利用しないにチェックをして保存します。

FTPソフトを用意する

次はFTPソフトを使います。
FTPソフトについて、MacではCyberduckを、
WindowsではFileZillaを使いました。
マシンを選んでないので両刀使いです。
Cyberduckはダウンロードしてそのまま
移動すればインストール完了です。
Windows版もあります。
     
WindowsのFileZillaもそのままインストールすれば使えます。
ZIP解凍してインストーラーを走らせましょう。
インストール後に最新のものをダウンロードする案内があれば、
最新版をインストールしてみてください。

さくらインターネットから元のデータをダウンロードする

人によってパターンがあるようですが、
wwwのフォルダに入っています。

今回はwwwの中のblogというフォルダが
全てダウンロード対象です。
あなたの名前のつけかたによってフォルダ名は変わってきます。

 

中にはwp-contentというものがあり、
ここに主要なデータが入っています。

ブログのデータを一式選択して
手元のパソコンにダウンロードしましょう。

 

さくらからデータベースをダウンロードする

データの他にデータベースをダウンロードします。

phpMyAdminへログインして、左上から
必要なデータベースを選択しましょう。
ログイン方法ですが、さくらインターネットの
コントロールパネルにログインします。

左側の欄に「データベースの設定」があるのでクリック。

ダウンロードするデータベースの上に
「管理ツール ログイン」

phpMyAdminという名称が出てきます。

データベースを選んだのちのエクスポートを選択します。

上のタブから「エクスポート」を選択して、
全てのデータが選択されていることを確認した上で実行します。
DROP TABLE / VIEW / PROCEDURE / FUNCTION / EVENT を追加
へチェックは追加しておきます。

データベースをエックスサーバーに載せる

Xサーバーへデータを載せます。

「SQL設定」追加
「MySQL追加」でデータベース名を入力
「MySQL一覧」でデータベース名が出てきます。
次に「MySQLユーザーの追加」からユーザーを追加しましょう。
ユーザー設定をしたら、権限も合わせて設定しておきます。
次にデータベースSQLをインポートします。
データベースが選択されていないエラーがないように
左側のカラムから、必要データベースを選択した後にインポートします。
こちらから★アクセスをします。
タブから「インポート」を選択
下に行き、「実行」をクリックします。

FTPでデータベースをアップロードする

先ほどさくらインターネットからダウンロードしたファイル群を
エックスサーバーに載せましょう。

 

wp-config.phpの内容を下記のように
変更することだけしておきます。

.htaccessは後からエックスサーバーの
コントロールパネルから変更できますので、
そちらで構いません。

ちなみに、これを間違うと
サーバーにアクセスした際に下記のようなエラーが
出ます。メッセージが出たら上記の変更内容が
合っているか確認しましょう。

 

変更が完了した後に、
public_htmlの直下に全て投げ込めば完了です。

データ関連はこれで完了です。

きちんとデータが移ったか確認する

データ移動はこれで完了です。

データがきちんと移動されているかを確認します。

エックスサーバーのコントロールパネルから
「動作確認URL」を作ります。

「動作確認URL設定追加」で追加をしてしまいます。

しばらく反映待ちと出ますが、
それが完了すれば「動作確認アドレス」から
アップロードした内容にアクセスできます。

これでアクセスできれば
アップロードしたデータに問題はありません。

DNSの設定をして、
「URL→旧サーバー」を
「URL→新サーバー」へ経路づけするようにしておきます。

完了するまでは下記のメッセージが出ます。
完了すれば、出なくなりますので待ちましょう。

 

4.手続完了なので経路(DNS)などを変更する

.htaccessを変更する

エックスサーバーの上から.htaccessの
内容も設定しておきましょう。

さくらサーバーを見るような指定が入っているので、
単純にその部分を削除して、下記の内容にしておきます。

<IfModule mod_rewrite.c> RewriteEngine on RewriteCond %{ENV:HTTPS} !on RewriteCond %{REQUEST_URI} !/wp-cron\.php$ RewriteRule .* https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L] </IfModule>
公式はこちらです。
Webサイトの常時SSL化 | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|Webサイトを常時SSL化する方法について記載しています。

host設定

まずは、hostの設定をしておきましょう。

手元のパソコンからはURLを見たさいに
新しいサーバーの内容を見ると規定します。

設定方法の案内はこちらにあります。

動作確認について | レンタルサーバー【エックスサーバー】
レンタルサーバー「エックスサーバー」のご利用マニュアル|サーバー移転作業に際して、ネームサーバーの変更前に動作・表示を確認できる「動作確認URL」機能とhostsファイルの編集方法のご案内です。

DNS設定

さくらインターネットからDNS設定をします。

さくらインターネットにログインして
「契約ドメインの確認」をクリックします。

    
中段くらいにある「ドメインメニュー」を
クリックしましょう。
変更したいドメインの「WHOIS情報」を
クリックしましょう。
ネームサーバー4つを下記の通り変更しましょう。
1時間程度も経てば新しいサーバーを見るようになります。
ネームサーバー1ns1.xserver.jp
ネームサーバー2ns2.xserver.jp
ネームサーバー3ns3.xserver.jp
ネームサーバー4ns4.xserver.jp
これで一応、サーバー移転完了です。

その他の設定と今回出たエラー

さて、上記はすんなりいけばという点です。
SSLの設定と出てきたエラーを記載しておきます。

SSLの設定

エックスサーバーのSSL設定は
ちょちょっとクリックすれば完了します。

ドメイン>「SSL設定」に移動します。

SSL設定をしたいドメインの「選択する」をクリックします。
「独自SSL設定追加」から「確認画面へ進む」を
選んで進みましょう。
「追加する」で完了です。
少し待てば完了します。
追加したり外したりを繰り返すとSSLの認定に
問題が出ますので、一発で決めておきましょう。

PHPのバージョンエラー

一度移動したら下記のようなエラーが出ました。

調べると、さくらインターネットのphpは7.3
エックスサーバーのphpが7.2だったことが問題だったようです。
データを抜き出す前にバージョンを合わせておきましょう。
ある程度問題は消えました。

エラーが出ても、問題があったメイン画面が起動できれば
大丈夫です。問題があるプラグインを画面上で
削除してしまいましょう。
(完了した後にもう一度追加できます)

WordPressが編集できなくなった

WordPressのメイン画面の編集ができなくなりました。

おそらくphpのバージョンを落とした影響かと。
あまり細かいことは考えずに、Wordpressを
更新画面から再インストールしましょう。

それで問題は解決しました。

まとめとして

全体の概要がわかれば、もう少しサーバー変更が
身近になるかもしれません。

以降前のイメトレに使ってみてください。

【編集後記】
世の中はまだお盆の雰囲気ですね。

【運動記録】
ジョギングO ストレッチO 筋トレO サプリO

【一日一新】
エックスサーバー移転

【子育日記(2歳)】
おもちゃ屋さんに遊びに。
じっくり見て好きなのを選んできました。
喜んでくれて何よりです。