中小企業の採用

スポンサーリンク
中小企業の採用

インターン生を迎えにくい業界はプログラムにどんな工夫をするべきか

インターンは学生に仕事を知ってもらうことと 企業を知ってもらうことの両方をします。 しかし、学生が避ける時間や業界の特性から インターン生を迎えやすい業界とそうではない業界に 分かれます。 インター...
中小企業の採用

日本でもビッグデータから社内で誰が辞めるかわかるのか?

ビッグデータでなんでもわかるような流行りがありますが、人事データには当てはめにくいもの。しかし、ハーバードビジネスレビューでは当てはめてみているものがありました。どのような相関をみているのか、考え方をみてみましょう。
中小企業の採用

冷蔵庫買替理論、採用や投資設備を買うときには前広に

固定的に使う設備はいつも後手で買うことが 多いです。使えるうちはそのまま使って しまいたいと考えるからです。 でも、積極的に選択することで 良いものを選ぶチャンスが広がります。 機会を逃しがちなこの購入、 冷蔵庫買替理論...
中小企業の採用

大学院生を採用する人事担当が大学院に行って感じること

社会人大学院は、大学院生の採用への想像力を高めるために役立ちます。人事採用部門としても、面白い気づきになります。大学院へ行く意味の1つにもできますよ。大学院に行ってみて気づいたところをまとめてみます。
中小企業の採用

新しい風を部署に入れたいなら、帰納法的な採用に囚われていはいけない

採用で新しい風を入れるときは、違う人を取れるような採用設計が必要です。 ただ、部署の好みもあります。 つきつめていくと結局同じ結果にしかならないような採用手法しか取り入れられていない会社もあるのではないでしょうか。 組織にとって新しい...
中小企業の採用

信用されていない人事部・面倒くさがりの人事部

人が採用できない企業が増えています。 枯渇感もある上に、採れないという評判のために企業が人への待遇をあげているという話も。 そんな中、ダイレクトリクルーティングは仲介業者だけでなく人事部を飛ばす傾向も少しあります。 信用されていない人...
中小企業の採用

「人事がわかる営業現場」「コストがわかる製造現場」は実現可能か?

  人事をしていると、人事不要論を目にします。 「現場の人が人事をすればいい」という論理です。 この考え方に反対はありません。 できるのであれば、現場の人がその仲間になる人を採用すれば、判定する側とそこへ雇われる側がダイレクトにつな...
中小企業の採用

経理業務と採用業務の相性の悪さと良さ、キャリアパス

あまり経理と採用業務を兼ねている人には出会いません。 総務経理という領域は見かけます。 こちらの場合は、経理業務と総務(労務管理)を兼務しています。 この二つは、今回考える経理と人事(採用)に比べれば相性がいいです。 相性の良さは業...
中小企業の採用

採用ウェブサイトや採用パンフレットの社内企画・提案をするなら3年使う仮定で

採用競争が激しくなっています。 そのための採用予算を取得するのですが、採用に潤沢にお金をかけられる企業ばかりではありません。 特に、採用ウェブサイトや採用パンフレットを作る予算は、なかなかに大きいです。 ぼっている訳ではなく、提供側も...
中小企業の採用

神さまスペックの就活生は存在しない

新卒の採用活動をしていて一番難しいと言っても過言ではないのが、どんな人を採用するかです。 こんなことができた方がいい、あんなことができた方がいい。気がつくと理想の積み重ねでいくらでも高い理想像を作ってしまうことができます。 ただ、そんな...
スポンサーリンク