論文作成

スポンサーリンク
論文作成

論文の書き方を学ぼうと思ったときに参考になる書籍

論文を書くときに、ネタよりも 論文の自体への理解がまず大切になります。 論文の書き方の本はたくさんでていますが、 そのうち、5冊紹介いたします。 論...
論文作成

論文の読まれる数の少なさは、読者対象の選定と理解できる

論文というのは、一生懸命書いた割に 読まれないものです。 それは、自分で書いている途中でもよく感じました。 だから、校正の依頼で他の人が書いている論文を読む機会があれば、 その分楽しく読んでいます。 しかし、書いている...
論文作成

論文の資料収集もアドバイスも重み付けが大切

論文の資料収集もアドバイスも重み付けが大切です。 情報というのはいくらでもありますし、 まとまりがないと、単なる知識の束としてしか 提供ができなくなります。 論文に物語性をもたせるなら、 重み付けを大切にしたいところです。...
論文作成

論文の中間発表などで得た示唆は最終稿に活かしておこう

そろそろ論文の提出締め切りが近づいています。 論文の中間発表で得た内容は、 最終稿に活かしておきましょう。 口頭試問もありますが、 基本的に論文の評価は書いてあることです。 書いてないことは、頭の中にどれだけ素晴らしい...
論文作成

論文の終わりをどこにおくか

論文の終わりをどこに置くかで プレッシャー度合いが変わります。 期限とクオリティが基準のバロメータでしょうが、 設定方法を見直してみます。 期限 期限を区切りにす...
論文作成

論文の要旨・脚注・参考文献は制限文字数に入るのか

論文の脚注は制限文字数に入るのでしょうか。 解答から始めれば、制限文字数に入る場合と 入らない場合があります。 どちらになるかは指導教員と 確かめるべき点でしょう。 ...
論文作成

法学で海外文献の引用をするときにはBluebookを見よう

海外の法学の文献を論文に引用するときに、 Bluebookを確認することをススメられます。 Bluebookとは THE BLUEBOOKとは、法学の引用をする際に どのように書くかを指南する本です。 最新版は2020...
論文作成

「苦しむ」といいものができるは、間違い

多くの努力をつぎ込んだ結果が成果です。 努力は測りにくいのですが、 苦しむことが努力することだという 一時期の判断材料は残っています。 努力の結果苦しむことがあって、 そして結果がでることもあるでしょう。 しかし、多...
論文作成

大学院に通えるかは、時間がかけられるかどうか

大学院に通えるかどうかの判断基準は能力ではなく、 時間をかけられるかどうかです。 通えるかどうかは、通信教育の大学院もあるので 回避できる問題点です。 しかし、時間をかけられるかどうかは卒業か、 提出論文を仕上げられるかど...
論文作成

論文の要素を「部品・構成・背景」に分けて理解しよう

論文の要素は、部品、構成、背景に分けて作りましょう。 論文は長めです。 修士論文であれば4万字程度、博士論文なら10万字は書きます。 新書平均的な長さが10万字です。 修士論文でも新書の半分程度の長さを書くことになります。 ...
スポンサーリンク