家の土地探し

スポンサーリンク
家の土地探し

戸建の土地が見つからない人は、建築条件を外す・二区画買うのはどうか?

戸建用の土地が見つからないという悩みはよく聞きます。 親2人と子ども1−2人が必要な戸建ての土地のサイズはおおよそ決まっていて、20坪前半くらいで建売が売っています。 ちょっと資金に余裕があったりマイホームに夢があったりすると30坪前半...
家の土地探し

有限な土地、欲しい時はみんな欲しい。情報入手と判断素早さ

大阪万博が決まりました。土地の過熱感は少しずつ出てきています。 景気の悪くなさもあったり銀行の貸し出しのしてくれやすさもあったりで、土地を買う方は買いやすくなっております。 しかし、土地は有限。ほしいという人が一人いると、その数倍は欲し...
家の土地探し

土地探しで目星をつけるときは地図から間口や坪数を調べておこう

土地の購入や評価のために間口や大きさを知りたいことが出てきます。こういうときに調べられるサイトがあると便利です。 道側から見たときよりも案外奥が深かったり、錯覚で大き目に見えたり。大きさの感覚がある人であればなくてもわかるかもしれません。...
家の土地探し

実勢価格と公示価格が全然違うと思った時に読む話

家を購入する際の実勢価格と公示価格はかなり違います。 不動産屋さんが言ってくる価格と、国や地方公共団体が公表している価格が違うのです。買う立場としては安いほうがいいので、国や地方公共団体が公表している価格をなぜ採用しないのかという疑問が出...
家の土地探し

隣地との境界線がはっきりしていることが価値にもつながる

土地の価格は、土地自体の価値だけで決まる訳ではありません。「隣地との関係がどうなっているか」、この点も土地の価値を評価する大切なポイントとなっています。 元々の土地が隣地との条件がいいとは限りません。 そして土地を買うときは、宅建士を(...
家づくり

不動産は不動にせずに買った瞬間に売却などの処分を考える

不動産は一生に一度の買い物というイメージが強いです。お金の用意、物件のSPECの確定、物件の調査、交渉などしていると、買うことだけで終わりがちです。 しかし、大切なのは、買っただけでなく、出口です。なかなか大変ではありますが、買った瞬間に...
家の土地探し

土地売買で固定資産税の負担の起算日をどうするか(関東方式と関西方式)

土地には一年単位で固定資産税が課されます。およそ、土地を売った人が一年分の固定資産税を払います。 しかし、所有権が土地を買った人に移っているのに一年分を負担したい人なんていません。 ここで固定資産税の精算として、土地を買った人に支払...
家の土地探し

土地価格の種類と差:実勢価格、公示価格、地価調査価格、路線価、固定資産税評価

土地を買うときには、その価格がある程度リーズナブルな価格なのか気になります。一人の人はプロでない限りそこまで土地の売買やりとりを行いません。だからこそ、今回の取引が良いものかが気になります。 売り手と買い手がおり、そこに市場価格の影響があ...
家づくり

旗竿地は価値がない?7割に嫌われる理由と固定資産税評価額・通風・採光

旗竿地は買いに値する土地なのでしょうか。不動産屋さんに聞けばおおよそやめておけと言われるでしょう。建築士に聞けば、良いとも言われます。一般の人に聞けば、10人中7人くらいはダメというでしょう。 この差はなんでしょうか。価格は安いので性質を...
家づくり

イオン銀行と賃貸併用住宅|店舗型の良さで相談しやすい

賃貸併用住宅のローンをおこなってくれる銀行選び。イオン銀行も一つの候補です。よかった点を改めて考えてみましょう。 店舗型の良さ イオン銀行で賃貸併用住宅をすることの一番の利点は店舗型ということです。 いかにネット銀行の...
スポンサーリンク