ワークショップ

スポンサーリンク
ワークショップ

ワークショップのタイムキーパーの役割に注目してみる

ワークショップをするとタイムキーパーの役割が出てきます。 司会やファシリテータが兼任することもありますが、 影の役割のようなタイムキーパーはどんな役割なのか。 注目がてらに整理をしてみます。 司会やファシリテートが兼任する場...
ワークショップ

目印と合わせて役割を与えると動きやすい

集まったばかりの集団だったり 上下関係がはっきりしていない集団では、 役割を見える形で渡すと動きやすくなります。 動く本人もそれを見る周りも、 はっきりした目印が理解を促します。 単純だが有用な目印付け 地域の催し物...
ワークショップ

会議で意見が出ない時に改善のためにチェックする7つのこと

会社の会議。 その中でよく、「会議で意見が出ない」と。 そもそもの前提要素が上手でない会議かもしれません。 形式を選べない場合も多いので改善提案は しにくいところですが、改善のためにチェックするポイントを あげてみます。 全...
ワークショップ

ワークショップが向く問題と向かない問題

ワークショップが向く問題と向かない問題があります。 向く問題はこれまでの理詰めの方法によって解決できないからこそワークショップのよさを認識して導入がされてきたと考えるべきでしょう。 逆に、今まで手法で良い分野にワークショップをわ...
ワークショップ

初めてファシリテータになった人が気にするべき基礎的な3点

ワークショップや会社のグループワークをする際のファシリテータになるときは緊張するものです。 ファシリテータはそこそこの素養がある方がなっている印象ですが、勉強会にくるようなファシリテータを除くと苦手という方もいるでしょう。 そう...
ワークショップ

他の人と違うことを言わないとあなたに価値はないのか

他の人と違うことを言わないと あなたに価値はないのでしょうか。 価値がないというのがよくある答えでしょう。 しかし新規性がないと無価値だと言い切れません。 これを感じたのは、ワークショップで 「新しいことを言えなくて、すみ...
ワークショップ

悩む時間 クリエイティブカオスを楽しもう

クリエイティブカオスは、 何かを生み出す前の状態、 混沌としてにつまってしまう状態を指します。 元々は複数のメンバーで話して物事を 決めるときの空白の時間を指しますが、 メンバーがいない個人の思考でも 同様の動きがあります。...
ワークショップ

新しい価値創造のワークショップ。国際教養大学での入試からその価値を

ワークショップは入試にどんどん取り入れられます。秋田にある国際教養大学でも入試にワークショップを取り入れています。工業社会を脱して何が正解かがわからない時代においてワークショップの真価が出ます。入試とワークショップの実例を少しまとめます。
ワークショップ

工場部門の改善会議に総務部門からファシリテーター兼書記を入れよう

会社でファシリテータが役立つ例として 工場部門に総務部の書記を入れてみましょう。 現場の知識がまとまること。 経営判断を行う下地としていい資料が出来上がります。 工場現場が、知識をまとめる能力を得れば まわりくどく総務をファシリテ...
ワークショップ

ワークショップはじめのアイスブレイクで今日の体調を言ってもらおう

アイスブレイクでは、その日の体調の共有をする場を作っておくといいです。参加者のためでもありますし、ファシリテータとして場の安全性を高めるためでもあります。A4用紙を使った簡単なアイスブレイクも紹介します。
スポンサーリンク