ワークショップ

スポンサーリンク
ワークショップ

新しい価値創造のワークショップ。国際教養大学での入試からその価値を

ワークショップは入試にどんどん取り入れられます。秋田にある国際教養大学でも入試にワークショップを取り入れています。工業社会を脱して何が正解かがわからない時代においてワークショップの真価が出ます。入試とワークショップの実例を少しまとめます。
ワークショップ

工場部門の改善会議に総務部門からファシリテーター兼書記を入れよう

会社でファシリテータが役立つ例として 工場部門に総務部の書記を入れてみましょう。 現場の知識がまとまること。 経営判断を行う下地としていい資料が出来上がります。 工場現場が、知識をまとめる能力を得れば まわりくどく総務をファシリテ...
ワークショップ

ワークショップはじめのアイスブレイクで今日の体調を言ってもらおう

アイスブレイクでは、その日の体調の共有をする場を作っておくといいです。参加者のためでもありますし、ファシリテータとして場の安全性を高めるためでもあります。A4用紙を使った簡単なアイスブレイクも紹介します。
ワークショップ

企業でワークショップ導入の際の11のデメリット

ワークショップは意味のあるものにできる一方で、この手法を取るデメリットもあります。 的確な使い方をしなければ成果が出にくいものです。 企業でワークショップを使うデメリットを考えることで、使い方を把握することが大切でしょう。ということで、...
ワークショップ

ノウハウ飽和の世の中で、セミナーの意義を考えてみる

ノウハウが飽和している世の中。セミナーの意義は直接会った良さを活かした内容にすることでしょう。 時間を共有してその中で何かをできるようにしてあげることであったり、普段交わらない意見を混ぜて新しい発見をしたり、人との出会いを作ったり。 ...
ワークショップ

ちゃぶ台返しをする上司には、問題洗い出しをしっかりしているか考えよう

せっかく話が進んでいるのに、前提条件を崩す上司。 「今それいう?」 という発言をしてくるため、これまでの醸成感をつぶし参加者の気持ちがなえてきます。 話し合いが進んでくるとその解決方法に話が移ります。これまでの前提条件が崩れるとは...
ワークショップ

間違った答えにたどり着いたワークショップで、ファシリテータが考え直す5つのポイント

「ワークショップやアクティブラーニングを行う際に間違った結論に達した。ワークショップやアクティブラーニングの有用性を疑う」との話をたまに耳にします。   ワークショップとアクティブラーニングは似ているところもあれば違うところもあります。...
ワークショップ

ワークショップの前提条件が分かりにくい、苅宿 俊文先生の定義のまなびほぐし

ワークショップ育成プログラムの中で出てくる苅宿先生のワークショップの定義付け。 講義中の定義は、はまるときっちりした理解が得られます。アカデミックさ、というか他との違いを作る上で、プログラム選定の位置付けをはっきりさせられるのは強みの一つ...
ワークショップ

全て教えたい気持ちを抑えることとワークショップ

ワークショップの合間のアドバイスにおいて、どこまで踏み込むか振り返りをしていました。 おそらくその時間の中で気が付いたことは20個くらいはありました。そのうち、バランスを見て指摘したことは5つ程度。 優先度を考えながらの指摘なのでこ...
ワークショップ

建物のムダは余裕。余分なものへの投資が気持ちの余裕を保つアプローチ

都会にあっては土地は本当に高額です。 建ぺい率を気にした上で土地はできる限り有効に利用したいもの。法律的に許される最大の建物を建てて、居住空間にするのが費用対効果を実現する方法です。 しかし、路地から扉が近いと安心できません。ある程...
スポンサーリンク