理論・実践ワークショップ

スポンサーリンク
理論・実践ワークショップ

「結論よりも過程が大切?」ファシリテーションの立場から

ムダな会議はするな。 そもそも会議はするな。 効率的にものごとを運べ。 など。 ただ、よいチームを作ることが結果的にその結論の質を上げることにもつながる。 こういう考えはファシリテーションの底の方にあります。 人が流...
理論・実践ワークショップ

弁護士等が素人への法律ワークショップで気をつけるべきポイント3点

弁護士や社労士など、法律の専門家にワークショップを行ってもらおうという団体からや教育関係者のセッティングを見かめます。 やはり本場から行ってほしいという現場のニーズと、当該団体が活躍の場を増やしたい考えがあるためでしょう。 専門的に学ん...
理論・実践ワークショップ

ハラスメント対策に演劇ワークショップを使う際の7つの課題

演劇ワークショップとの組み合わせで 研修を行うと、普段と違う世界を作ることができます。 盛り上がったり学びの効果をあげる場を用意可能です。 新しい取り組みのひとつとして、 ハラスメントの演劇を取り入れたワークショップの プロトタイ...
理論・実践ワークショップ

ワークショップのタイムキーパーの役割に注目してみる

ワークショップをするとタイムキーパーの役割が出てきます。 司会やファシリテータが兼任することもありますが、 影の役割のようなタイムキーパーはどんな役割なのか。 注目がてらに整理をしてみます。 司会やファシリテートが兼任する場...
理論・実践ワークショップ

目印と合わせて役割を与えると動きやすい

集まったばかりの集団だったり 上下関係がはっきりしていない集団では、 役割を見える形で渡すと動きやすくなります。 動く本人もそれを見る周りも、 はっきりした目印が理解を促します。 単純だが有用な目印付け 地域の催し物...
理論・実践ワークショップ

会議で意見が出ない時に改善のためにチェックする7つのこと

会社の会議。 その中でよく、「会議で意見が出ない」と。 そもそもの前提要素が上手でない会議かもしれません。 形式を選べない場合も多いので改善提案は しにくいところですが、改善のためにチェックするポイントを あげてみます。 全...
理論・実践ワークショップ

ワークショップが向く問題と向かない問題

ワークショップが向く問題と向かない問題があります。 向く問題はこれまでの理詰めの方法によって解決できないからこそワークショップのよさを認識して導入がされてきたと考えるべきでしょう。 逆に、今まで手法で良い分野にワークショップをわ...
理論・実践ワークショップ

初めてファシリテータになった人が気にするべき基礎的な3つのポイント

ワークショップや会社のグループワークをする際のファシリテータになるときは緊張するものです。 ファシリテータはそこそこの素養がある方がなっている印象ですが、勉強会にくるようなファシリテータを除くと苦手という方もいるでしょう。 そう...
ビジネスx戦略

他の人と違うことを言わないとあなたに価値はないのか

他の人と違うことを言わないと あなたに価値はないのでしょうか。 価値がないというのがよくある答えでしょう。 しかし新規性がないと無価値だと言い切れません。 これを感じたのは、ワークショップで 「新しいことを言えなくて、すみ...
理論・実践ワークショップ

悩む時間 クリエイティブカオスを楽しもう

クリエイティブカオスは、 何かを生み出す前の状態、 混沌としてにつまってしまう状態を指します。 元々は複数のメンバーで話して物事を 決めるときの空白の時間を指しますが、 メンバーがいない個人の思考でも 同様の動きがあります。...
スポンサーリンク