教育・研修

スポンサーリンク
ワークショップ

目印と合わせて役割を与えると動きやすい

集まったばかりの集団だったり 上下関係がはっきりしていない集団では、 役割を見える形で渡すと動きやすくなります。 動く本人もそれを見る周りも、 はっきりした目印が理解を促します。 単純だが有用な目印付け 地域の催し物...
ワークショップ

会議で意見が出ない時に改善のためにチェックする7つのこと

会社の会議。 その中でよく、「会議で意見が出ない」と。 そもそもの前提要素が上手でない会議かもしれません。 形式を選べない場合も多いので改善提案は しにくいところですが、改善のためにチェックするポイントを あげてみます。 全...
教育・研修

知っている研修は課題は別に見つけて参加しよう

会社が進める研修はいつもいつも自分が好きなものを選べるわけではありません。   すでにできていることや知っていることについての研修を受けにいかなくてはならないこともあります。 そういったときは、自分なりの課題を見つけるようにしましょう...
ビジネスx哲学

失敗の自己再現性を探すことで自分の成功の型に近づこう

成功する方法を知り、そのやり方にのっとって再現する。 他から学んだことを自己再現の方法により成功するといったところでしょう。他から学んだ成功の方法を自分も試して成功に至るというのはよく試される方法です。 しかし、よく言われるように成...
教育・研修

先輩への昔の恨みが社員教育の仕方を固執させる

社員教育の方法が変わってきています。 ひと昔前であれば、その本人に納得いくまでを考えさせて自分なりの答えにたどり着かせる。その後に答え合わせとして先輩社員の正誤を合わせる。 こんな形でした。 しかし、今は新入社員はすぐにマニュアル...
ワークショップ

自己原因性を作るデザインは、語彙矛盾をはらむためスキマを残す

ワークショップにおいての自己原因性。言うは易しですが、組み込む難しさはいつもつきまといます。 自己原因性なのですから、自己から自発的に出てくるものでなければその語彙から矛盾が生じます。 ファシリテーターが「狙って」原因性を作るの...
教育・研修

教育カリキュラム設定で、仕事の教え方は人間関係型からマニュアル型を意識して

新入社員への仕事の教え方をどうするか。 教える方と教えられる方のギャップがあり、気に入らないことがあったらすぐやめるとか怒られ慣れていない場合が散見されます。 さりとて教える30-40代も下の世代が変わってきていることを理解しています。...
ビジネスx哲学

「資源を使い切ろう」という考えは時間への価値観が乏しい

組織の町には教育的視点がよく入ります。人に何かを考えさせて教育的経験をさせようと考えるものです。 教育的には良い考えなのかもしれませんが、それで成果が出る方法が出てくるとは限りません。実地の場を教育に使うことが良いのか、ベストな考えを出せ...
教育・研修

「相手の初めて」を意識して、ルーティーンに新鮮な気持ちを加える

四月に入社した方や後輩が入ってきてくれた方。ゴールデンウィークで一段落する時期ですね。慌ただしい4月だったかもしれません。休みの間は充電しつつ、5月以降の新しい時期を改めて大切にしていきましょう。 講師や指導係をしていると、不意に昔に話し...
ビジネスx哲学

人を使うことは行(ぎょう)を与える観点でなく効率を上げる観点を持つ

仕事は効率を上げることを優先して考えるべきです。日本は行としての観点があるせいか、楽はいけないという発想があります。上司が苦行を強いる場合でも、成果を出すことを優先するように暗にでも促すことが良いです。         楽をさ...
スポンサーリンク