副業+複業

スポンサーリンク
副業+複業

税理士になる前に副業に挑戦。難しい3点は事業でも課題に。

税理士になる前に副業を始めてみています。 (税理士法にひっかかるものでは全くなく それ以外の枠で仕事を作る活動です)。 これから働き方改革で副業が増える見込みです。 私の現在の調査では、税理士に 申告が必要なほどの副業を始める...
副業+複業

【個人で副業をする初心者用】決済方法の検討をするための処方箋

70歳定年を努力義務化する 高年齢者雇用安定法が国会に出されます。 野党反対も特になさそうで、大企業・中小企業を 含めて負担が増える要因です。 企業に70歳までの就業機会確保への努力義務を課す「高年齢者雇用安定法」の改正案が通常...
副業+複業

心の定年で、組織で働くことを迷う場合の3つの共通点

定年がいつになるか、話題です。 年金がもらえるまでと考えれば定年までの 時間が長くなっていることになります。 しかし、組織内にいる息苦しさを考えると 早期の退職をする、つまり定年までの時間が 短くなっている人もいるでしょう。 ...
副業+複業

副業の始まりは買ってもらうことではなく、売ってみること

税理士として成る前、わかりやすい 肩書を得る前に副業を試しています。 副業の支援であったり、個人法人を問わずに 事業作成支援をするために、資格で下駄を履かない 実績を作ってみたいと考えているからです。 会社の事業企画や戦略...
副業+複業

やりがいの副業 手に入れたものではなく与えたものが得たものになる

副業が流行っていますが、副業をする理由は 二つに分かれます。 収入を増やすため やりがいを求めるため どちらの理由であってもそれは自由でしょうが、 やりがいを求めるための副業は、寿命が伸び 働く理由が薄れる社会で...
副業+複業

今後5年のシェアリングエコノミーの労働者側の搾取と企業側の懸念

法律体系はどうしても現実社会から遅れます。 シェアリングエコノミーなどの新しい分野が どうしていいかといえば、法体系から抜けていて 新しい分野と比べて負担が少ないことも理由でしょう。 労働者から企業を見れば、 シェアリング...
副業+複業

マッキンゼーレポート2019年7月『アメリカの未来の働き方』概要

マッキンゼー未来の働き方2019年の気になったところの要約です。他国の状況と類似したことが日本で発生することが多いです。さっと理解したい方向けに内容を簡単にまとめてみました。
副業+複業

ココナラやAirbnb副業収入を把握するために税務署が考えていること

政府の副業の後押しで 法整備やら方針の提供が進んでいます。 全サラリーマンが副業を認められるのは2027年以降 人材の流動化によってビジネスを盛り上げたい。 人口減による労働人口の問題を助けたいなど 政府側の思惑がありますが、 ...
副業+複業

複業キャリアの考え方とネタを見つめるなら読んでおくべき3冊+1メルマガ

副業が認められるという話がありますが、実際に完全導入になるのはだいぶ先です。 2027年以降には、中小企業を問わずに副業が認められるでしょう。が、果たしてどこまでか。 背景と副業を待たずに複業を始める際に考えるネタになる...
副業+複業

企業勤めで萎えることは複業や独立の気持ちを削ぐ

個人がメディアを持てる時代。組織よりも個人の方が自由な働き方ができる世の中になりつつあります。 独立まで一気にできなくても複業(副業)も可能ですし、ぼちぼちと稼ぐことも可能です。 しかし、メインにやっている組織などの仕事で萎えると、独立...
スポンサーリンク