言語化

スポンサーリンク
言語化

時間がかかる価値観の構築は、推敲ベースが合っている

年末年始。 今年の見直し・反省をしたり、やりたいことを書き出したり している方もいるでしょう。 年末年始にまとまった時間が取れる方は この時期に反省ややりたいことの書き出しを するのがいいです。 一方、数日では決まらない...
ブログ継続

他の人との違いは、同じことをすることで見つける

長所やら、何かで優位な点を探そうとすれば、 他の人との違いを求めることになります。 でも、考えるほど簡単には見つかりません。 このとき、違うことを見つけようと動くだけでなく、 他の人と同じことをすることで違いを見つけてはどう...
言語化

してあげることと、してもらってると感じること

してあげることとしてもらっていることは かなりの開きがあります。 期待値や認識の度合いに上手に折り合いをつける部分です。 してくれた認識はずれる し...
言語化

「あなた自身で答えを探すこと」を正解にしてみる

「正解を探す」は、WEBで調べることなのか 図書館で調べることなのか、 誰かに聞くことなのか。 情報はいくらでも出てくるので、 羅列したどれをとってもそこそこに 答えらしきものが出てきます。 でも、どこかで納得ができない...
言語化

語源が気になったときに。「彼女」も明治生まれの日本語

言葉の発生元を知ることは、その言葉を正しく使うことにつながります。 調べてみると意外と面白いもの。 やんわりと語源と向き合ってみたいと感じたら、「明治生まれの日本語」が面白いです。 例えば、「彼女」という言葉も明治生まれ。 ...
言語化

好きな語尾のパターンをまねて、文体を柔らかく変えてみる

書きやすい内容にはパターンがあり、文章はいくら似てきます。 なかなか新しく変えにくいもの。 では、どうやって変えようか。 一例として、好きだなと感じた文章をまねてみる方法があります。 まねるときの手始めは、語尾です。 ...
言語化

論文で 考えることを学ぶために必要な2つのこと

質の高い論文には考えることが必要です。 考えることでそれらを具体化していきます。 そのために必要なことは2つに集約されます。 1. 長い時間 2. 一対一で向き合ってくれる人 仮に大学などに通っている場合、...
言語化

はっきり言うことを避けたがる心理原因2点と10点の対策

はっきりと言い切ることは難しい。 意図していても、どこかにボカシを入れたり、言い訳を入れる、条件の限定を入れる。 日本語の文章はよく観られることです。 正確な文章を書くことと、はっきり言うことを避けたがる心理はなぜくるのでしょうか...
言語化

知識や経験ではない、問に答えれない理由

ものを書くことは、何かの問を立ててそれに対して答えを出していく活動として説明できます。 書けないことは、問に答えられない。 知識や経験がないことが原因と考えられがちです。 しかし、それ以上に大きな理由は問いが大きすぎることです...
言語化

評価軸を自分で作ることが価値

日本ではルールを守ることが重んじられる一方、 国際取引を見ると、ルールをどうやって作っていくかに 重きが置かれます。 国際商取引を見れば、よく出てくる基本として 「契約書式の戦い」(battle of form)が出てきます。 自...
スポンサーリンク