言語化

スポンサーリンク
言語化

好きな語尾のパターンをまねて、文体を柔らかく変えてみる

書きやすい内容にはパターンがあり、文章はいくら似てきます。 なかなか新しく変えにくいもの。 では、どうやって変えようか。 一例として、好きだなと感じた文章をまねてみる方法があります。 まねるときの手始めは、語尾です。 ...
言語化

論文で 考えることを学ぶために必要な2つのこと

質の高い論文には考えることが必要です。 考えることでそれらを具体化していきます。 そのために必要なことは2つに集約されます。 1. 長い時間 2. 一対一で向き合ってくれる人 仮に大学などに通っている場合、...
言語化

はっきり言うことを避けたがる心理原因2点と10点の対策

はっきりと言い切ることは難しい。 意図していても、どこかにボカシを入れたり、言い訳を入れる、条件の限定を入れる。 日本語の文章はよく観られることです。 正確な文章を書くことと、はっきり言うことを避けたがる心理はなぜくるのでしょうか...
言語化

知識や経験ではない、問に答えれない理由

ものを書くことは、何かの問を立ててそれに対して答えを出していく活動として説明できます。 書けないことは、問に答えられない。 知識や経験がないことが原因と考えられがちです。 しかし、それ以上に大きな理由は問いが大きすぎることです...
言語化

評価軸を自分で作ることが価値

日本ではルールを守ることが重んじられる一方、 国際取引を見ると、ルールをどうやって作っていくかに 重きが置かれます。 国際商取引を見れば、よく出てくる基本として 「契約書式の戦い」(battle of form)が出てきます。 自...
言語化

「できない」よりも「どうすればできるか」を考えよう

人ができないことは多い。 できることよりも、できないことを 見つける方が容易いです。 でも、せめて自分が一番にしたいと決めた ことはできるようになりたい。 すでに、できている人もギリギリまで、 がんばった結果です。 ...
言語化

あなたの嫌いを示す「価値観=(好きなもの+嫌いなもの)x理由」だから

価値観を示すときに、好きなもの だけでなく嫌いなものを提示する必要があります。 嫌いなものを示すことは 少々気が引けるかもしれません。 日本社会は特に寛容が低いから、 嫌いなものを示すことが相手から 受け入れられないこと...
言語化

横山やすしさんの元マネージャー 大谷由里子さんの講演会

大谷由里子さんの講演会。とても面白いです。コミュニケーションのなんたるかを考えるいい機会になります。感情を変えるために行動を変えるということ。シンプルながらも、わかりやすい・納得しやすい内容でした。
言語化

コトバには魂が宿るから、あなたを形づくる負の感情を浄化してからブログに書こう

コトバは一人歩き。思ってもいないところから飛んでくるし、言われた方はそのコトバが残ってしまうこともあります。 そんなときは発散をしたいもの。 日記に書いて少しスッとする、ブログをしていて書くと少しスッとする。 発散にちょうどいい場...
言語化

アウトプットする上では心の上澄みを作ろうという話

ブログの更新を日々しております。日々のためにネタを見つけようとしたり切り口を見つけようとしたり。そういった努力は比較的悩みの中で見つけられます。 ネタのようなブログの基本材料となるものよりも大切と感じるのは、「日々においてどのように心...
スポンサーリンク