グループワークとワークショップの違い

Pocket

ブログセミナー

本日、セミナーでグループワークを受けてきました。改めてグループワークを受けると、グループワークとワークショップの違いを考える良い題材になるとも感じました。振り返りをして違いを明確化します。

夜と鳥居

*宮島の夜 by iPhone X

ワークショップとグループワークの意義を考える

グループワークの定義

ワークショップと混同して使われる言葉にグループワークがあります。

Wikipediaを引くと

グループワーク(Social group work)とはソーシャルワークにおける専門技法の一つであり、利用者がグループのプログラム活動に参加することで、メンバー間相互の影響を受け、個人が変化(成長、発達)する援助の過程をいう。

となっていました。

単純に考えれば、「グループ」で「ワーク」することなので人が集まって何かの作業をする形をとれば全てグループワークとなります。

グループワークは学校での授業から企業内の研修まで多く利用されます。それは、講師と受講生の差を上手く埋めて効率的に他者確認を簡単にする方法だからです。

具体的にはこういった過程です。
・講師が講義を述べる
→本人が聞いて理解をする(聞く学習)
→グループワークで話させる(話して理解する)
→他の人の意見をグループワークで聞く(聞いて理解する)

講師が話した内容を聞くと1回ですが、グループワークを挟むことでプラス2回の繰り返しをすることができます。

また、教育の場で多用されているのは、上記のような繰り返しの行程が与えにくいからです。先生が一人しかいなければ、先生自身がフィードバックの相手になることが難しいのです。

教師の数に対して効率的に気づきのフィードバックを与えられることに、グループワークの良さがあります。

ワークショップの定義と違いを比べる

一方で、ワークショップの定義は以前考えてみました。この時は広辞苑を引いて

広辞苑(第6, 2008)によれば、「所定の議題についての事前研究の結果を持ち寄って、討論を重ねる形の研究会」

こんな定義を記載しました。

ここまでを考えれば、ワークショップもグループワークも似たようなものです。実際の行動もプログラム内容によって、グループワークもワークショップも似通ってるでしょう。

しかし、大きな違いはこの先であり、ワークショップは「コミュニティ作り、他者理解(=自己理解)、合意形成、これらの練習」前提条件においているという点でしょう。

ワークショップの定義を考えるでも述べた点です。よろしければこちらもお読み下さい。

ワークショップとは何でしょうか。多義的な言葉です。アカデミック寄りの話題もあります。しかし、アカデミック寄りだと抽象化されていて、実際に集ま...

上記のグループワークの定義で述べたものは、他者理解につながっても他者理解をメインにみすえていません。目的が違えば方法が類似していても結果は大きく変わります。

グループワークが消化不良と感じた理由

今回のセミナーは、情報提供の場としては通常のものだったと評価します。しかし後味が悪かった。

主催者側の目線では、情報を与えることと、他者の見方が同じ場面を見ても違うことを示す程度だったのでしょう。情報交換という目線をどうとらえるかの違いは存在します。しかし、満足いかなかった。

そこそこの社会人経験がある人のグループを集めれば、どうにか話し合いが進んでいくという主催者側の甘さがあるでしょう。他者理解やもう一歩踏み込んだ仕掛けをしておけば、単なる作業隊としてのグループ以上に仲良くなって何か踏み込んだ会話もできたのではないか、とこちらは期待していました。

消化不良と感じたのは、他者(他社)理解や合意形成の場が体験できるものという期待値があったからです。それこそが情報交換や新しい気付きの最良の形だと。また、会自体が人を扱うテーマだったので、本当にこのレベルで人を扱っていいのかと心配になりました。

ワークショップをするとは言っていないので趣旨ハズレの会ではないですが、もう少し工夫を加えれば全体が盛り上がったのになと、会自体を観察していました。

情報だけであればグループになる必要がない

情報の提供や他者の視点の違い程度であれば、グループにするほどのもでもないでしょう。レベルに追いついていない参加者に対する保険的な要素が強い使い方でした。今回は人事的なテーマを持って集まりです。だから、ワークショップに近い要素を期待してしまっていました。

会社説明会での自戒にもなります。ネットで分かる情報であればわざわざ集めていう必要がないのではないかと。直接会った際には、直接感じるものを伝えてほしいと。だから、目的の明確化をワークの着地点を明示する必要があると改めて感じました。

もちろん、グループワークもワークショップも、狙いをつけることも大変です。グループワークから抜け出しワークショップをしたいと考える人は、その違いを意識しながら場に応じて使い分けをしてみましょう。

【編集後記】
消化不良は述べた通りですが、参加者との目線が合わないワークだったせいか結構体力を使いました。参加する集まりの選定も反省が必要ですね。

【昨日のはじめて】
贅沢りんご王林

【子どもと昨日】
お昼をあげようとすると、ミルクを嫌がりました。どうしても飲まないので、休憩でご飯。ご飯を食べているともの欲しそうにしている。ちょっと離乳食をあげてみるとパクパクと食べます。

というわけで、三回食デビューです。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする