副業として賃貸併用住宅は大きな選択肢

Pocket

ブログセミナー
不動産投資を行う場合は、賃貸併用住宅は一つの大きな選択肢となります。特にサラリーマンには、賃貸併用住宅は最良の選択肢になることがあります。
 
 
@駅 by iPadAir
 

サラリーマンは与信を利用した借り入れが社長より強い

 
住宅を買うと与信枠を使うため、サラリーマンにとっては与信枠を利用した最良の投資となります。
 
サラリーマンは、銀行の判断基準なのですが社長よりも安定しているとみなされます。そうすると住宅ローンがとても降りやすいです。それは、稼いでいるか稼いでいないかに関わりません。
 
そうすると、給与が低いけれどもお金が借りやすいと言う状態となります。そこで、借りれるのであれば賃貸併用住宅は最良の選択肢となります。
 
 

一部折衷案だが

最良の選択肢と述べましたが、一部折衷案であることは否めません。

というのも、家を手に入れるのであれば家に、賃貸住宅を手に入れるのであれば賃貸住宅を購入するのが完成度や利回りを考えれば他方に比べて高いからです。

 

諦める勇気

賃貸併用住宅は良い選択肢なので一度は検討してほしいのですが、検討対象外を吟味することもとてもいいです。
 
 
 
 

夫婦の話し合いをするトピックとして最適。

それでも賃貸併用住宅を勧めるには訳があります。夫婦で話し合う機会としてとてもいいと言うことです。
 
家は、夫婦になってから購入することが多いです。夫婦でない人は自分の考えを活かせば良いので、投資としての一段階を抜けます。それに対して、夫婦の人は まずはその前から始まります。つまり、パートナーとその土地を賃貸併用住宅にして儲かるかということです。
 
賃貸併用住宅にして儲かるのは、立地や設備として他の人にも魅力できでなければなりません。
 
不動産投資は一人で行う場合でも迷います。これが二人で行う場合は船頭多くして船山に上るのように、迷走してしまう可能性があります。
 
その分、夫婦ともにこのトピックを持って話し合いをするのはとてもいいことだと思います。資料をまとめてくれれば、そのまとめた方を一人は尊敬で見ることがありますし、賃貸併用住宅は一筋縄ではいかないので夫婦でよく検討し合う上で、お金を媒介にしたお互いというものがはっきり見えてくるからです。
 
そうすることによって、お互いを見直すとても良い機会になります。
 
何も賃貸併用住宅をして儲けるだけが人生ではありません。どんな結果になろうとも夫婦二人が仲良くいられることが、儲けるよりもいい人生を送れる可能性があります。

まとめ

賃貸併用住宅を考える際は、夫婦であればお互いの気持ちをしっかり共有して納得することが必要です。そういった壁を乗り越えられた夫婦は、さらに結束が強くなって幸せなつながりを持てるでしょうk。

【編集後記】
組織内であったりフリーであっても最良の頼み方や連携の仕方があると思います。そういったところに情報を提供できたらと思います。

【昨日のはじめて】
子どもと絵本を眺めました。眺めただけでまだ、読んでません(笑)

【昨日 子どもと】
絵本を見て喜んでいたようです。鮮やかな色を見るのが好きなので、絵本を選んで読んみたいなと思います。どんな本かは、次で紹介したいと思います。

ブログセミナー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする