租税法入門

スポンサーリンク
租税法入門

射程内か射程外か、三段論法と『税務調査を法的に視る』

税務調査の際に、法的三段論法を使って 法的に税務調査を視ようという趣旨のもとに 書かれた本です。 税務に法律思考が必要なことが しっくりこない方やもう一度振り返りたい方に 合わせた内容になっています。 本と、「射程」につ...
租税法入門

税法論文を書く人が、租税法の基本書の次にネタ探しに読むもの

大家である金子先生の租税法の本を 読もう話が上がりますが、 論文集も読んでいくと視野が広がります。 租税法 posted with ヨメレバ 金子 宏 弘文堂 2019年02月20日頃 楽天ブックス ...
租税法入門

税法論文の課題発見、リーガル・マインド養成の『紛争予防税法学』

税法論文の課題発見や税理士のリーガルマインドと 言われると、難しさを感じることもあるでしょう。 ヒントになる本として、 『税理士のための租税法講座 紛争予防税法学』が ありますので、ご紹介をいたします。 紛...
租税法入門

税法免除論文は、新規性のレベル設定で完成難易度が変わる

税法免除の論文が難しいかどうかは 新規性の度合いをどこにおくかで変わります。 論文で一番難しいと考えるのは新規性です。 独創性と言われる場合もあります。 教科書に載っていることではない、 あなたの論理で、他の誰も知らないこ...
論文作成

アメリカの税法を調べるときの参考書

比較法は法律の妥当性を別の次元で 観測するのに有効です。 例えば、「保育費」を所得控除できるか。 女性の社会進出にかかわるようなテーマとして、 興味を持ってくれる方がいるかもしれません。 こちらは、山田先生の考察が面白...
租税法入門

個人事業主の収入でも給与所得に該当することがある

救済として持続化給付金の対象が 給与所得や雑所得として申告している 個人事業主に拡大されましたね。 経産省が主導しているので税法を 分かっていない人が制度拡大をしている というコメントも見られます。 給与所得をもらってい...
租税法入門

法人税法では法人擬制説と法人実在説を都合よくとってる

法人税法での配当の益金不算入が 出てくると、必ず法人擬制説がセットで 出てきます。 租税法をしているとそれ以降はなかなか 法人擬制説以外の説が出てこないので、 租税法専攻人は法人擬制説が 優位のように感じる。 でも、民...
租税法入門

租税法の国際比較は隣の家の事情をどうやって引き寄せて論じるか

租税法においても国際比較は示唆に富みます。 論文においても、国際比較をすればその内容を豊かにしてくれるはず。 でも、「他の国が認めているから」「他の国もやっているから」というのは、ちょっと安直に感じます。 どこまでいっても隣の...
租税法入門

租税法はきゅう屈な学問か、学際的で楽しい学問か

租税法は窮屈な学問なのでしょうか。 そういう話が出たので少しまとめてみます。 「きゅう屈」という他法学の人との話 租税法が少しきゅう屈いうことを言われました。 法学分野自体がカチカチしているイメージです。 ...
租税法入門

税法のやさしいエッセイとして読める「税法思考術」

税法思考術という名前で本が出ています。 税法思考術 posted with ヨメレバ 作者:木山 泰嗣 出版社:大蔵財務協会 発売日: 2020年05月07日 楽天ブックス ...
スポンサーリンク