スポンサーリンク

Wordの目次を更新するショートカットとVBA

目次の自動作成をしている場合、
本文を校正した後に、もくじを更新します。

でも、本文が長文になると目次まで戻って
更新するのは面倒です。

こういうときはショートカットを使います。

また、VBAでも処理ができますので、
両方のやり方を確認しておきましょう。

スポンサーリンク

目次を更新するショートカット

もくじを更新するショートカットの流れは

  • 全体を選択する
  •  を押す

で処理できます。

実際にやってみます。

こちらのような目次があるとします。

 

本文の一部変更をします。

 

 と   で全体を選択します。

更新の部分を聞かれますので、
「目次をすべて更新する」をチェックして
「OK」をクリックしましょう。

これで更新完了です。

□サービスメニュー

 

目次を更新するVBA

VBAの場合は、こちらの指示を入れると
全体更新ができます(目次一つの場合)。

ActiveDocument.TablesOfContents(1).Update

単体で使う場合は、最初のショートカットで十分です。

保存や名前を付けて保存と合わせる場合に
合わせて使うときに便利です。

 

まとめとして

目次の更新をするときの小さな工夫です。

気になる方は使ってみましょう。

 

【編集後記】
税理士免除の通知が来たという知らせを
twitterで拝見。おめでとうございます!

 

とあるレストランで子どもと食事しました。

【運動記録】
ジョギング○ ストレッチ○ 筋トレ○ サプリ○

【子育て日記(3歳)】
お風呂で「おとうさんのからだあらう〜」と、
ぱぱっと全体を洗ってくれました。

介護になるとこんな感じなんかなと感じました。

Word
スポンサーリンク
akをフォローする
スポンサーリンク
AK-UP まいせん(毎日の処方箋)